ハイエースに「死角なし」! 文字通り周囲を見渡せる「カメラキット」に付けない理由が見つからない (1/2ページ)

ハイエースに「死角なし」! 文字通り周囲を見渡せる「カメラキット」に付けない理由が見つからない

見切りが悪いハイエースは死角の可視化が安全第一への近道

「死角を視覚化する……」なんてダジャレたコピーとともに紹介したいのが、ハイエース用のお役立ちグッズ、ハイマウントリアカメラキット「RCK-93H3」(2万7280円/税込)だ。しかもこれ、リアカメラとリアウォッシャーノズルが一体となっているため、装着後も後付け感なく純正同様に見た目がスッキリしているのが特徴のひとつだ。ハイエース用ハイマウントリアカメラキットの単品画像はこちら

死角の多い1BOXカーの視認性を各種カメラがサポートしてくれる

 安全運転を支援する先進的な予防安全システムは日々進化を続けているが、クルマの死角をカバーするカメラはその基本中の基本。ミニバンやワンボックスカーなど大柄なボディの車両では、セダンなどに比べ死角となるエリアは多い。車両後方下部を確認するリアアンダーミラーや、左側フロントタイヤの死角を目視するための、いわゆるガッツミラーと呼ばれるサイドアンダーミラー(正式名称:直前直左確認鏡)などを装着して、死角となるエリアを少なくさせているのだが、万全かと言えばそうではない。そんなミラーたちに代わるのが、視認性をさらに高める“カメラ”の存在だ。ハイエースの直前直左確認鏡とリヤゲートミラー画像はこちら

ハイマウントリアカメラキットに待望の200系ハイエース用が登場

 データシステムから発売されているハイマウントリアカメラキットは、第1弾となったスズキ・ジムニー&ジムニーシエラ用(JB64/JB74)が人気となって、今もバックオーダーを抱えているという話題のアイテム。200系ハイエース用ハイマウントリアカメラキットの装着画像はこちら

 シリーズ第2弾となるトヨタ・ハイエース(H16年8月~※リアワイパー[リアウォッシャーノズル]装着車のみ/TRH2##・KDH2##・GDH2##)用は、標準ルーフ/ミドルルーフ/ハイルーフに対応。リアウォッシャーノズルの取り付け穴を使って装着するため、ボディへの加工は一切不要なのがありがたい。また、カメラカバーにカメラとウォッシャーノズルを納めて一体化しているのが特徴で、リアウォッシャー機能はそのままに、スマートな装着も実現している。

高いポジションに装着するため広角をカメラでカバーすることができる

 内蔵のカメラは映像素子に1/4インチCMOSを採用。有効画角素数約32万画素を実現した水平方向110度、垂直方向80度の高解像度カメラとなっている。リアナンバープレート近くに取り付けられる純正カメラに対し、ハイマウントストップランプ横という高いポジションに取り付けることで、後方エリアの視認性をより高める効果も得られる。200系ハイマウントリアカメラキットの角度調整画像はこちら

 ウレタン製&つや消しブラック塗装が施されたカバーに納められたカメラは、ユーザーの使用状況に合わせ角度調整が可能だ。カメラの調整は硬めだが、これは走行中の振動で動いてしまうことがないための配慮とのこと。ちなみにweb受注限定販売となるが、ボディカラーに合わせ純正カラーナンバーで塗装した製品もラインアップしている。