ルーヴルの名を冠したフラッグシップSUV「DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi」を発売

ルーヴルの名を冠したフラッグシップSUV「DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi」を発売

エクスクルーシブな存在感が際立つフラッグシップSUVがデビュー

 ステランティスジャパンは、DSオートモビルのフラッグシップSUV「DS 7 CROSSBACK」の特別仕様車として、ルーヴルの名を冠した「DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi」を4月2日(土)に発売する。

 このモデルは、ルーヴル美術館との長年に渡るパートナーシップにより誕生した。DSオートモビルとルーヴル美術館はブランド創立以来、伝統とモダンへのヴィジョンを共有。そのヴィジョンは、卓越したクオリティや革新性によって裏打ちされ、フランスならではの匠の技「サヴォア・フェール」をもって、世界にフランスとパリの存在を示すことにある。

【関連記事】話題のレクサス「IS500 F SPORT」が1/43スケールのモデルカーに! 高性能セダンを手元に置いてみては?

DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDiのリヤスタイル画像はこちら

 実際に美術館のメインエントランスのルーヴル・ピラミッド(ガラスのピラミッド)は、その伝統と革新性の融合において、直接的にDSオートモビルのデザインモチーフとしても取り入れられている。

内外装にコラボモデルならではの特別なディテールや漆黒のパーツを配置

 DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDiの魅力のひとつは、ガラスのピラミッドをモチーフにしたデザインにある。エクステリアでは、DSウイングやリヤガーニッシュ、ガラスモールやルーフレールに漆黒のシャイニーブラックパーツを採用した。さらにドアミラーは、ガラスのピラミッドをイメージさせる幾何学模様をレーザー加工で表現。ホイールはオリジナルデザインの20インチ“ALEXANDRIA”が奢られる。そのほか、エンジンフードやドアサイド、リヤゲートを含め、その名に相応しく各所にLOUVREの名が配されている。20インチ“ALEXANDRIA”ホイール画像はこちら

 またインテリアでは、センターコンソールのレザーにもガラスのピラミッドをモチーフにしたエンボス加工を施し、シフトレバーを取り囲むパネルにはクル・ド・パリ装飾(ギョーシェ彫り=パリの石畳を図案化した伝統装飾様式)を贅沢にデザイン。まさにエクスクルーシブな雰囲気が漂う極上の室内空間となっている。ギョーシェ彫りとガラスのピラミッドのモチーフ画像はこちら

パワートレーンには好評の2Lクリーンディーゼル“BlueHDi”を採用

 搭載されるエンジンは、最大トルク400Nmを発生させる2Lクリーンターボディーゼルを採用し、電子制御8速オートマチックトランスミッションのEAT8が組み合わせる。このパワートレーンは最大トルクを2000rpmという低回転域から発生させ、さらにロックアップするEAT8により、ドライバーのアクセル操作に俊敏に反応する高効率なパフォーマンスを備えている。これによりディーゼルエンジンの力強い走りと、DSオートモビルらしいエレガントな走りを叶えてくれる。

 車両本体価格は660万円(税込み)となっており、ボディカラーはブルーアンクル/グリ プラチナム/クリスタル パール/ノアール ペルラネラの4カラーをラインアップする。

DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDiのインテリア画像はこちら

■車両概要/価格
○グレード:DS 7 CROSSBACK LOUVRE BlueHDi 
○エンジン:1997cc 直列4気筒ディーゼルターボ
○最高出力:130kW[177ps]/3750rpm
○最大トルク:400Nm/2000rpm
○トランスミッション:EAT8(8速AT)
○車両本体価格:660万円(税込)
※価格にはパノラミックサンルーフオプションおよびペイントオプションが含まれます

【詳しくはこちら】
DSコール TEL 0120-92-6813
https://www.dsautomobiles.jp/