クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • クルマより先に人間がオーバーヒート! 優雅に見えるクラシックカー乗りの真夏の地獄とは
CLASSIC
share:

クルマより先に人間がオーバーヒート! 優雅に見えるクラシックカー乗りの真夏の地獄とは

投稿日:

TEXT: 高桑秀典 PHOTO: 高桑秀典/Auto Messe Web編集部

  • 筆者の愛機1974年式アルファロメオGT1600ジュニア
  • 走行中は三角窓で風を取り込むことができる
  • 後頭部に風が当たるように小型扇風機を設置
  • 大昔には「スワンプクーラー」と呼ばれる水の気化熱を利用したアイテムもあった
  • 冷却ファンの付いたシートクーラーは、背中から腰にかけて汗ばみの不快感を解消するには有効

「ダンディズムの真髄はやせ我慢にあり」と徳大寺先生も仰っていた!

 一体いつ頃から真夏に猛暑日が連発するようなことになったのか記憶が定かではないが、筆者が愛機の1974年式「アルファロメオGT1600ジュニア」を買った1998年からの数年間は、気温が28℃を超えたら乗るのをやめようと決めていた。気象庁のホームぺージで確認したら、最高気温が35℃以上の日を猛暑日、30℃以上の日を真夏日、25℃以上の日を夏日と呼んでいるそうなので、筆者は涼しい夏日(?)に乗っていたのであった。

筆者の愛機1974年式アルファロメオGT1600ジュニア

暑い日に乗らなきゃいいじゃんと人は言う……

 もはや日本も、最高気温が40℃を超える日もあるほどアツアツなので、ここ数年、旧車に乗ることを自虐的に「罰ゲーム」と言ったりしている。だが、冗談ではなく、体温以上の気温のなかでエアコンのないクルマを運転すると、簡単に熱中症になるので注意したほうがいいのだ。

 だったら暑い日に旧車に乗らないようにして、エアコンがばっちり効く最新モデルや涼しい電車で移動すればいいじゃん……と言われてしまえばそれまでだが、旧車好きという生き物はヘンタイが多いので、どうしても乗りたくなってしまうのだ。

走行中は三角窓で風を取り込むことができる

夏のドライブはリアルに熱中症との戦い

 そういえば、2017年に取材で参戦した北海道クラシックカーラリーのときの彼の地がビックリするほどの猛暑日で、寒いだろうな……と思ってトランクに押し込んでいった防寒着の数々を現地で捨ててこようかと思ったほどだった。このときはラリーの取材で、コ・ドラ兼カメラマンの若手編集スタッフが助手席に乗っていたので、コンビニを見つけるたびに冷凍されたペットボトルを大量に買ってきてもらい、首の裏、ワキの下、太ももの間にそれを挟みながら運転していた。そこまでやっても、毎晩ホテルでグッタリしていたので、いま思えばアレは熱中症になっていたのかもしれない。

後頭部に風が当たるように小型扇風機を設置

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS