ターボ車だけの特権じゃない! NAでもエンジンオイルクーラーを装着したほうがいい理由 (1/2ページ)

ターボ車だけの特権じゃない! NAでもエンジンオイルクーラーを装着したほうがいい理由

サーキット走るならNAでも有効なアイテム

 愛車のエンジンをトラブルから守り、走りを満喫するための冷却チューン。誰もが最初に思い浮かべるアイテムはラジエーター、次点としてオイルクーラーといったところだろう。

 しかし昔から「オイルクーラーはターボ車だけ」と、NAには不要であるかのような印象を持つ人も多い。果たしてその俗説は正しいのか検証しつつ、オイルクーラーの役割や装着するメリット、またデメリットはあるのかも考えてみたい。

デメリットも少なからずあるがメリットが上まわる

 まずはNAエンジンの車両にオイルクーラーは必要なのか。結論からいうとサーキット走行が前提なら、原則としてあったほうが安心なことは確かだ。NAに不要説の根拠は「ターボはハイパワーだから油温が高い」だと思われるが、高回転域を多用する傾向の強いNAも決してエンジンオイルに優しい環境ではない。

【関連記事】エアロパーツを装着する「メリット」と「デメリット」とは? 今さら聞けない「機能」や「費用」を徹底解説します

NAエンジンのロードスターがサーキットを走るイメージカット画像はこちら

 なお走るコースによっても油温の厳しさは変わる。上がりやすいのは直線が短く走行風による冷却が期待しにくいミニサーキットや、つねにレッドゾーン近辺の高回転を使い続けるジムカーナのような走り方で、低速だからといってエンジンオイルに優しいとは限らないと覚えておきたい。

 エンジンの種類や使うオイルなどによって不要なケースもあるが、オイルクーラーの装着が致命的なマイナスになることはないはずだ。強いてあげれば油量が増えてオイル交換のコストが若干にせよ高くなったり、個々のパーツと増えたオイル分の重量はデメリットといえばデメリットかもしれない。

 また装着する位置フロントバンパー内の前方であることが多いため、フロントからクラッシュすると真っ先に破損する確率が高かったり、オーバーハングの重量が増えることを嫌うドライバーもいるにはいる。もっともエンジンの保護や長時間に渡って全開できるメリットと天秤にかければ、明らかにメリットのほうが多いので気にするレベルじゃないのかもしれない。