ついにフィアット500までEV化! 買うならいまの「ガソリンチンク」の選び方 (1/2ページ)

ついにフィアット500までEV化! 買うならいまの「ガソリンチンク」の選び方

日本では2008年から販売しているロングセラー

「フィアット500e」が登場したことにより、ついにお馴染みの「チンクエチェント」も電気自動車(EV)になってしまった。フィアットの公式ホームページには、まだガソリンエンジン仕様の「500」と「500C」も載っているが、イタリア本国ではすでに500/500Cの「ツインエア」、「1.2」ともに生産終了となっているそうだ。

 ということで、今後、「やっぱり愛らしいスタイリングと低燃費が両立しているガソリンエンジンの3代目500が楽しいよね、欲しいよね」と思って買うとなると、自動的にユーズドカーをチョイスすることになる。その際の参考となるように、ヒストリーとモデル概要を説明しておこう。

【関連記事】「バナナテール」は5本! トヨタ「セリカLB」は大型レジャー用品も積載できるアウトドア対応のスポーツカーだった

フィアット初のBEV「500e」は日本では6月に発売される画像はこちら

エンジンは3種類、ミッションは2種類ある

 3代目フィアット500(チンクエチェント)は、2代目(通称「ヌォーヴァ・チンクエチェント」)の発表からちょうど50年後にあたる2007年に登場した。イタリア人にとって「500/チンクエチェント」というクルマは、生活と密着したとても親しみ深い存在で、2代目500の愛らしいスタイルをモチーフとしてデザインされた3代目も、熱烈歓迎で迎え入れられた。

【関連記事】「バナナテール」は5本! トヨタ「セリカLB」は大型レジャー用品も積載できるアウトドア対応のスポーツカーだった

筆者が以前所有していたフィアット500画像はこちら

 とにかくカタチがよかったこともあり、日本においても500のバックボーン&ヒストリーを知らずとも惚れ込む人が続出。2008年の日本発売開始直後から、瞬く間に大ヒットモデルとなった。日本市場に最初に導入されたのは、直列4気筒エンジンの「500 1.2 8V」(最高出力69ps)と「500 1.4 16V」(最高出力100ps)で、2011年に排気量875ccの直列2気筒ターボユニット(最高出力85ps)を積む「ツインエア」エンジン搭載モデルが追加設定された。

ルーフ部分の幌が後ろに開くオープン仕様が「500C」画像はこちら

 トランスミッションは、シングルクラッチAMTの5速「デュアロジック」と5速MTの2種で、デュアロジックが主流となった。デュアロジックのベースとなっているのはマニュアルトランスミッションだが、マニュアル車との違いはクラッチ操作が不要なことと自動変速モードを備えていることで、AT限定免許でも運転できる。そのため、女性や輸入車ビギナーはデュアロジック、自動車趣味人は「たま~に売られたMTモデル」をチョイスする傾向が強かった。

クラッチなしでシフト操作する「デュアロジック」画像はこちら