なんといまでも生産していた! 「エクイップ」「ロンシャン」「アパッチ2」オヤジ感涙の昭和の人気ホイール7選

なんといまでも生産していた! 「エクイップ」「ロンシャン」「アパッチ2」オヤジ感涙の昭和の人気ホイール7選

憧れのホイールは今でも手に入る!

 衰える気配のない1980~1990年代のスポーツカー人気。憧れの名車を手に入れたらカスタムしたくなるのは必然で、その第一歩というべきアイテムが足もとを飾るホイールだ。サーキットをガンガン攻めるなら性能重視で最新のホイールもいいが、往年の雰囲気を大切にするユーザーはホイールも当時モノで揃えたい。

 でも20年や30年も前のホイールなんて絶版になっているのが当然だろうし、キレイな中古品はプレミアが付きとんでもない高値になっていそう。ところが調べてみると現在も生産しているホイールや、基本的なデザインを継承しつつ復刻したホイールが、意外なほど多くラインアップしていることが判明した。

レーシングサービスワタナベ:8本スポーク

 代表格は1968年に発売と50年を超える歴史の、レーシングサービスワタナベの『8スポーク』だ。S30フェアレディZやハコスカといった同年代の旧車はモチロン、少しあとの世代になるKP61やAE86などのライトウェイト、さらに新しいS13系のシルビア/180SXともよくマッチする。シンプルながらほかにないオリジナリティあるデザイン、幅広いサイズ設定が超ロングセラーたり得た理由だろう。

【関連記事】17歳で日産「R33GT-R」オーナーになった女子高生の「いま」とは? D1ドライバーを目指してただいま修行中!

レーシングサービスワタナベ:8本スポーク画像はこちら

SSR:スピードスターシリーズ

 定番中の定番でいうならSSR「スピードスター」シリーズもある。とくに知名度が高いのは1円玉とも称されるディッシュ形状の『MK-Ⅰ』だが、十字型の4本スポーツ『MK-Ⅱ』や十字を組み合わせた『MK-Ⅲ』を含めて販売中だ。SSRスピードスターMk.II画像はこちら

SSR:フォーミュラメッシュ

 同じくSSRではリバースリムも人気だった「フォーミュラメッシュ」が、サイズこそ16/18/19インチに限定されるもののカタログモデルとして現存。SSR:フォーミュラメッシュ画像はこちら

ワーク:エクイップ

 スピードスターと並ぶ人気だったワークの「エクイップ」シリーズでは、シンプルな4本スポークが特徴の『エクイップ01』が復刻している。1ピースから3ピースに変更されているがデザインは当時と変わらず、旧車に履かせても違和感はまったくない。なお昔の『エクセル』も『エクイップ02』として、以前のデザインを受け継ぎつつ復刻された。ワーク:エクイップ画像はこちら

ハヤシレーシング:ストリート

 ハヤシレーシングの『ストリート』も新品が販売されており、旧車だけじゃなくミニバンやクロカンでの装着例も多い。ハヤシレーシング:ストリート画像はこちら

コーリンプロジェクト:ロンシャンXR-4

 1990年代のドリフト界で一世を風靡した名作「ロンシャンXR-4」は、現在コーリンプロジェクトが販売。14/15インチのみではあるが、最大で12Jのディープリムがあり軽自動車や旧車で根強い人気だ。コーリンプロジェクト:ロンシャンXR-4画像はこちら

エンケイ:ネオクラシックシリーズ

 最後はエンケイの「ネオクラシック」シリーズ。往年のフォルムを変えることなく最新の技術でブラッシュアップし、1979年の『アパッチ2』や1982年の『メッシュ4』などを復刻。なかでも『アパッチ2』は1ピースと2ピースを個別に展開し、カラーも赤/黄/黒とボディとコーディネイトしやすい。エンケイ:ネオクラシックシリーズ画像はこちら