「車高調」は宝の持ち腐れな人だらけ! 調整できるのに「買ったまま」の減衰力で乗るのは愚の骨頂だった (2/2ページ)

走り重視ならどこを重視するかで変わってくる

 次はワインディングやサーキットなど、乗り心地よりも走りを重視するステージ。サーキット用と謳っているような製品であれば、同じくメーカー推奨値でしばらく走り込もう。走り方や装着しているタイヤのグリップにボディ補強の違い、路面コンディションといった要因で方向性は大きく変わるので、あくまで一般論にはなるもののセオリーをいくつか紹介したい。

【関連記事】トヨタ「ヴォクシー」を全身カスタムペイント! 格上「アルヴェル」に負けない迫力とは

サーキット走行のイメージその1画像はこちら

 ひとつはコーナーの立ち上がりでもっとトラクションが欲しいとき。FFなら前輪に荷重をかけたいのでリヤの減衰力を硬め、FRならリヤの減衰力を柔らかくし後輪に荷重をかける。

 もうひとつはブレーキング時にフロントがロックしやすいとき。パッドの材質がミスマッチだったり初期制動が強すぎる可能性を排除すれば、フロントの減衰力を少し硬くしてスプリングの動きを早く収束させてみよう。ただしFFはフロントの減衰力が高すぎるとトラクション抜けに繋がるため、立ち上がりやスタート時とのバランスを考えて調整しなければならない。

 サーキットなら「そのコースでもっともタイムに影響するポイント」を探すのも大切だ。ひとつのコーナーで0.1秒を速く走れるようにセッティングして、別のコーナーが0.5秒も遅くなってしまうのは本末転倒もいいところ。上で書いたが足まわりの性能は減衰力だけじゃ決まらず、車高にスプリングレートにタイヤの銘柄や空気圧、ボディ剛性やアライメントなど非常に多くの要素が絡んでくる。ダンパーの減衰力はそれらのひとつでしかなく、ドライバーの好みもあり正解はひとつじゃない。

サーキット走行のイメージその2画像はこちら

 足まわりを得意とするプロショップでもセッティングを出すには結構な手間がかかり、われわれのようなプライベーターであればトライ・アンド・エラーはさらに多くなるはずだ。失敗もまたノウハウのひとつと前向きに捉え、過程を楽しみつつセットアップを進めよう。最後にコツをひとつ。最近のダンパーは減衰力の調整幅が非常に細かく、ビギナーは変化を掴むのが難しい可能性もある。最初に1~2段で調整しても差を感じなければ、思い切って5段や7段くらい大きく変えてみて、やりすぎたと感じたなら1~2段ずつ戻してみよう。