クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

ワークスチーム
share:

眉毛がついてまるで「カーズ」のキャラ! BMW 3.0CSL Hommageとは

投稿日:

TEXT: 原田 了(HARADA Ryo)  PHOTO: 原田了/BMW

オリジナルを尊重しながら現代技術を投入

 かつてはF1GPにエンジンを供給していたり、またル・マン24時間にプロトタイプで参戦し、優勝を飾ったこともあるBMWですが、やはりその真骨頂はツーリングカーでの活躍です。とくに1970年代のETCで活躍した3.0CSLや、その後継の635CSiは最も美しいレーシングカーと、速さや強さだけでなく、そのスタイリングの素晴らしさでも多くのファンを魅了していました。2015年には、その3.0CSLに敬意を馳せたコンセプトモデルの3.0CSL Hommageが製作されています。今回は、このコンセプトモデルを別の角度から振り返ってみました。

世界一美しいクルマが誕生した経緯は

 第一次世界大戦の終戦後にエンジンメーカーとして成立されたBMWは、2輪車の生産を始めるとすぐに4輪にも進出しています。そして第二次世界大戦の開戦が近づいていた1937年には、当時の2Lクラスとしては最速の実力を持った328をリリースしています。BMW328

 1971ccの直列6気筒エンジンは、OHVながらプッシュロッドとロッカーアームの位置を工夫してバルブ配置をクロスフローとしたアルミ製のヘッドが装着されていて、80HPと当時としては驚くべき最高出力を引き出していました。

 このエンジンを搭載するシャシーは、同クラスのセダン「326」ではなく、ひとクラス下のセダン「319」のシャシーが転用されていました。スポーツカーは軽量・コンパクトに、というコンセプトは、当時から開発スタッフの頭にあったようです。

 ナチス軍のポーランド侵攻によって第二次世界大戦が始まった段階でもBMWの高性能、そして高品質なクルマづくりは継続されていて、1939年には3.5L直6エンジンを搭載した335をリリースしています。こうしたことからも高性能車、そして高品質なクルマに対する想いはBMWのDNAとして息づいていたのかもしれません。BMW326

 それが敗戦後、自らもソ連によって統治され、のちに東ドイツとして分割されることになるエリアに合ったアイゼナハ工場を失うという大きな痛手を負いながらも、501/502と呼ばれる上級モデルを生産することになったのですから。BMW501

 もちろん、敗戦国となった西ドイツには、こうした“高級車”のマーケットはごくわずかしか残っていませんでしたから、販売的には苦戦が続くことになりました。そのBMWを救ったのがイタリアのイソからライセンス供与されて生産したバブルカーのBMWイセッタと、そこからBMWの技術を注ぎ込んで完成させた“普通のクルマ”、BMW700でした。イセッタで糊口を凌いでいたBMWは、700でまさに復活のきっかけをつかむのです。BMW700

 700で復活にきっかけをつかんだBMWは次なるヒット商品、ノイエ・クラッセ(Neue Klasse 。独語で新しいクラスの意)と呼ばれる一連のモデルで躍進を遂げることになりました。クリーンなデザインの4ドアボディに、さまざまな新機軸/新技術を盛り込んだ、言ってみればもっともBMWらしいクルマでした。

 最初に登場した1500は2Lクラスまで発展すると同時に、2ドアモデルの02シリーズ(排気量を表す4桁の数字に末尾が2ドアを表していたことから、この愛称で呼ばれるようになりました)やカブリオレ、そして3ドアハッチバックまでもが登場したあとで、さらなる上級モデル、6気筒エンジンを搭載した2500/2800が登場し、そのクーペモデルとして2800CSが誕生しています。BMW 2002

 そして71年には3L直6エンジンを搭載したクーペモデル、3.0CSが登場。この3.0CSのレース向けのホットモデルが1971年の5月に登場した、今回の“一方の”主役、3.0CSLです。BMW3.0CSL

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS