たかがゴムだが奥深い! エンジンマウントの役目とチューニングの効果とは (2/2ページ)

強化マウントはダイレクト感UP、乗り心地DOWN

 これを付けるとどうなるかというと、まずは振動が大きくなって正直不快と感じる人もいるほど。ではなぜ強化マウントが存在し、装着されるのかというと、エンジンやミッションがぶれないないので、走りがダイレクトになるから。細かく見ると、アクセルを踏むとエンジンの回転が上がるが、その際に少しだけではあるがエンジンは回転方向によじれるように動いてしまう。エンジンブレーキをかけたときも同様になるのを強化マウントであればガッチリと固定するので防止できるというわけだ。また、マニュアル車であればクラッチ操作やシフト操作の際にわずかに動くことで操作に甘さが出てしまうが、こちらもカチッしたものになるというメリットがある。

 ただこれらはモータースポーツや走行会向けのチューニングで、ストリートでは不快なレベルだったりする。どうしてもという場合はゴムの硬度が明記されているパーツが多いので、そこを参考にしてベストなものを選ぶといいだろう。また、純正パーツが製造廃止になってしまった旧車の場合、社外で強化タイプがあれば救世主的な存在ではある。たとえ硬くて少々不快でも、新品がないよりはましだ。

【関連記事】インチダウンでタイムアップする可能性も! サーキット走行であえてタイヤサイズを小さくするメリットとは

K13マーチ用の強化マウント画像はこちら

じつは樹脂を使ってのDIYも可能

 このエンジンマウント、じつはDIYがそれほど難しくないパーツだったりもする。方法としてはヘタった純正のゴムを取り除いて、そこにエポキシやシリコンなどの樹脂を流し込んで固めるだけ。ネットでは少々お高いが、専用のキットもあるので樹脂入手に自信がない人にはおすすめだ。ちなみにサスペンションブッシュも同様の手法が使える。

 今まで試した感じでは、純正同等に柔らかめにするのはかなり難しく、硬い強化タイプではあればとにかく樹脂を流し込んでみるという荒業的な感じでDIYできるので、簡単ではある。もちろん専用の自作キットであれば、硬度が書いてあるのでそれで判断すればいいだろう。ヘタって交換した使用済みで試してみるのが一番リスクが少ないので、興味ある方は試してみるのはいかがだろうか?

軽自動車用のエンジンマウント画像はこちら

画像ギャラリー