数あるクルマオタクのなかでも異端! 数百万の投資もある高級工具沼の世界 (2/2ページ)

高級工具ブランドそれぞれのイチオシ工具とは

 ブランドごとに得意なハイエンドツールについて記述すると、メッキギラギラ系で派手な印象の「Snap-on」(スナップオン/アメリカ)と「MAC TOOLS」(マックツールズ/アメリカ)は、ソケット、スパナ、ラチェットがストロングポイントとなっている。両ブランドとも高級工具界におけるメジャーな存在で、人気を二分しているが、じつはルートセールスの「バンセリングシステム」が基本なので、とくにMAC TOOLSに関しては一般の人は入手困難だ。

【関連記事】やはり紙がイイ! コレクターも唸ったデジタルでは味わえない個性派カタログたちの魅力

スナップオンのラチェット画像はこちら

「Beta」(ベータ/イタリア)はT型六角レンチ、「FACOM」(ファコム/フランス)はラチェット、「HAZET」(ハゼット/ドイツ)はビットソケット、「STAHLWILLE」(スタビレー/ドイツ)はトルクレンチ、「Wera」(ヴェラ/ドイツ)はドライバー、「PB SWISS TOOLS」(PBスイスツール/スイス)はドライバー、六角レンチ、ハンマー、「KNIPEX」(クニペックス/ドイツ)はペンチやニッパーといったプライヤー全般が得意なハイエンドツールとなっている。

左上からベータ、ハゼット、スラビレー、ヴェラ画像はこちら

 現在、MAC TOOLSとFACOMを除く上記製品はワールドインポートツールズ横浜店でゲットできるので、次の週末にでも訪問してみるといいだろう。店内にKNIPEXのプライヤーだけで1000種類も並んでいるので、必要なハイエンドツールを入手できるはずだ。

 なお、ワールドインポートツールズ横浜店では、「KTC」(日本)と「nepros」(ネプロス/KTCが展開している高級ブランド)のハイエンドツールも販売しているが、基本的な製品だけを揃え、お取り寄せ対応としていることをお伝えしておく。

左上からPBスイスツール、クニペックス、KTC、ネプロス画像はこちら

よく使う工具ほどハイエンドツールの満足度は高くなる

 今回の取材で、HAZETとSTAHLWILLEは梨地仕上げで地味だが、そこがむしろ好印象であること。また、例えばWeraで緩めて、適度にしなるPB SWISS TOOLSで締め込むといった具合に、ハンドツールをうまく使い分ける玄人がいることが分かった。

 当然のことながら工具の値段にも理由がある。やはり、高級工具はちゃんと使えるので、使用頻度が多い工具は高いものがいい、失敗したくないところには高級工具を使うべき、ということを念頭に置きながらハイエンドツールを揃えてみていただきたい。

日本が誇るKTCが限定リリースした「ネプロス 「iPゴールドシリーズ」画像はこちら

 

画像ギャラリー