いきなりキーを捻るのはNG! 長期不動だったクルマを始動させる正しい手順とは (2/2ページ)

バッテリーは充電か交換か

 バッテリーは放電してしまっていたら再充電する。しかし、復活してもダメージを受けているので、早めに交換したい。数カ月の放置なら交換は不要だが、できれば充電器で充電しておきたい。意外と街乗りでエアコンを入れてトロトロ走るだけだと充電されず、車両を復活させた翌日にバッテリーが上がってしまったりする。

【関連記事】日産「キャラバン」に上質な「オーテック」が登場! 働くクルマにワークスコンプリートが設定された理由とは

バッテリージャンプのイメージ画像はこちら

 理想としては、保管中にずっとバッテリーチャージャーをつないでおきたい。バッテリーの電極をはずせば放電しにくいので保管時はバッテリーを外すのが定番。だが、バッテリーを繋いでいたほうが旧車では錆が発生しにくいと言われている。

ホコリ臭いエアコンはフィルター交換でリフレッシュ

 締め切った状態で長期間保管しておくと、やはり車内は埃っぽくなる。エアコンを稼働させると、なんともレトロな匂いが出てきたりする。そんなときは消臭スプレーなどもあるが、まずはエアコンフィルターの交換がオススメ。活性炭配合のフィルターだとビックリするくらい匂いが取れる。また、春先から保管したクルマだとエアコンフィルターから花粉が出てくることがあるので、こちらも交換しておくと安心だ。

エアコンフィルタ交換のイメージ画像はこちら

画像ギャラリー