スマートを本格オフローダーに魔改造! アメリカ人のぶっ飛んだセンスに笑う (1/2ページ)

noteで書く
スマートを本格オフローダーに魔改造! アメリカ人のぶっ飛んだセンスに笑う

この記事をまとめると

  • カリフォルニアに「ゴッサム・ガレージ」が改造したスマート
  • オフロードレース「バハ1000」をテーマにカスタム
  • アウターロールケージをスタイルアップに上手く活用

2代目スマート・フォーツーがゴツ系オフローダーに変身

「スマート」といえば小型・軽量の割り切りまくったシティコミューター。それをリフトアップ&ワイドトレッド化しゴツゴツの30インチオフロードタイヤを履かせ、アウターロールケージにウインチまで装着してガチのオフロード仕様にしてしまった、魔改造の極みのようなクルマを紹介しよう。

Netflixのカスタム番組で紹介されたプロジェクトカー

 このカスタムマシンのベースとなったのは、2012年式の2代目「スマート・フォーツー」。カリフォルニアの「ゴッサム・ガレージ(Gotham Garage)」が手がけたカスタムプロジェクトで、Netflixの番組「カー・マスターズ ~スクラップがお宝に変わるまで~」(シーズン1)において紹介されたマシンだ。

 それを購入したオーナーがアメリカのカーオークションサイト「Cars & Bids」へ今年4月に出品し、2万3000ドル(約300万円)で落札された。以下で解説するカスタム項目を考慮すればかなりオトク、というか、こういった本気のカスタムカーが気軽に売買されているアメリカの自動車文化がうらやましくなってしまう。

【関連記事】バッテリーあがりで録画失敗! 大手カー用品店に聞いたドライブレコーダー装着時の対策と注意点

ベースは2012年式スマート・フォーツー・クーペ画像はこちら

8インチリフトアップして30インチのタイヤを装着!

 足元は8インチ(約20cm)リフトアップしてワイドトレッド化し、アジャスタブル・コイルオーバーを装着。そして15インチの鉄チンホイールに30インチのBFグッドリッチ製「Baja T/A」タイヤを履かせてしまっている。そのためにフロントフェンダーはバッサリとカット。リヤタイヤは完全にボディの外へはみ出していて、その上にプラスチック製フェンダーが配置されている。

リフトアップに加えて超ワイドトレッド化画像はこちら

 ただしリヤに搭載されているエンジンは純正の1L直列3気筒で70psというスペックのままで、最高速度は時速65マイル(約105km/h)程度とのこと。これだけゴツいタイヤを履いたRR車が、ノーマルエンジンでどれほどの走破性があるかは非常にアヤシイところだ。

 とはいえ小型軽量なRRのオフローダーといえば、アメリカ人にとってはVWビートルを改造した往年の「バハ・バグ」を想起させることは間違いない。日本人なら、田宮模型(現タミヤ)が1979年にリリースした電動RCカー「ワーゲンオフローダー」といえば、年配の方なら心当たりがあるだろう。このスマートも、それらの母体となったメキシコのオフロードレース「バハ1000」がテーマ。実性能よりイメージありきというわけだ。

フロントサスペンション画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー