「気軽に入れるカー用品店」or「専門知識が安心なプロショップ」! 初心者が愛車をカスタムするなら行くのはドッチ? (1/2ページ)

「気軽に入れるカー用品店」or「専門知識が安心なプロショップ」! 初心者が愛車をカスタムするなら行くのはドッチ?

この記事をまとめると

  • クルマの走る楽しさを倍増してくれるチューニング
  • カー用品店もしくはプロショップに持ち込むのが定番
  • 初心者はまずカー用品店で相談してみるのがいいだろう

行きやすいのはカー用品店だが……

 愛車をカスタムするための場所。自分で作業できるスキルを持つ人なら家やレンタルガレージもあり得るが、大半はチューニングに特化したプロショップか、一般的なカー用品店を頼ることになると思う。両者それぞれのメリットや目的に合った選び方を考えてみたい。

カー用品店はライトチューンまでが一般的

 まずは全国展開しているような大型のカー用品店。昔は作業といってもタイヤ&ホイールやオイル交換くらいで、文字どおりカー用品の販売をメインとするお店が大半だった。しかし現在はローダウンやマフラー交換などのカスタムが浸透し、ほとんどの店舗でライトチューンまでは対応できるのが実情だ。

【関連記事】数値が高ければ高いほど明るくなるワケじゃない! LEDカスタムするなら正しく理解しておきたい「色温度」とは

カー用品店の店内画像はこちら

 メリットはホームセンター的な雰囲気で初心者も気後れせずに入れることや、在庫や展示品が多いため欲しいパーツの現物を見られる可能性が高いこと、工賃や作業時間がプロショップ以上に明確であり安心感が高いことなど。また基本的には保安基準に適合するカスタムしか受け付けず、あとで車検やディーラーで修理をすることになっても心配はない。

 なお、店舗によってはチューニングやサーキットでの活動に力を入れ、プロショップ顔負けのデモカーやノウハウを有しているケースもある。車種やメーカーによっての得意・不得意が少ないのも魅力だろう。

カー用品店のイメージカット画像はこちら

専門的知識で本格チューニングが可能になるプロショップ

 続いてはチューニングをメインとするプロショップ。最大のメリットは何といっても専門的な技術や設備、蓄積された膨大なセッティングなどのデータだ。ウデがあるお店なら「ないものは作る」の精神で、ワンオフ製作や加工も苦にせず対応してくれるし、ECUや車高調の現車セッティングだってお家芸。ポン付けのようなライトチューンは当然として、フルチューンまで安心して任せることができる。

専門店の店内画像はこちら

 注意すべき点としてはショップというかチューナーによる技術レベルの差、車種やメーカーの得手不得手が比較的ハッキリしていること。言い換えれば得意な車種に関してはほかに負けないノウハウを持っており、それはチューニングだけじゃなくトラブルシューティングにおいても役立つ。

画像ギャラリー