積める! 使える! そして安い! アウトドア派必見の100万円で買える中古5ナンバーワゴン3選 (1/2ページ)

積める! 使える! そして安い! アウトドア派必見の100万円で買える中古5ナンバーワゴン3選

荷物をたくさん積み込めるモデルを紹介

 日本の自動車業界において、いまや絶滅危惧種に認定されそうなジャンルのクルマが、5ナンバーサイズのステーションワゴンだ。かつては各自動車メーカーから発売されていたものの、現在、新車で買えるのは2012年から現在まで販売が継続されているトヨタ・カローラフィールダー(カローラツーリングは全幅1745mmの3ナンバー)。

 そして2022年内に販売を終える、2011年からホンダ・フィットのワゴン版としてフィット・シャトルの名前で登場し、2015年に2代目として生まれ変わったホンダ・シャトルの2台のみ。ホンダ・シャトルが生産中止となれば、カローラフィールダーだけとなってしまうのだから、コンパクトワゴン派の筆者を含め、寂しい限りだ。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

トヨタ・カローラフィールダーとホンダ・シャトル画像はこちら

 しかし、かつては5ナンバーワゴン全盛!? の時代もあった。中古車なら100万円以下の予算で、日本の狭い道でも走りやすく、けれども荷物を満載でき、それこそアウトドアでも大活躍してくれるような5ナンバーワゴンを手に入れることができる。

ホンダ・シャトル(初代)

 候補車の筆頭は、迷うことなく初代フィット・シャトルである。予算100万円以下でも後期型で熟成された1.3Lエンジン+1モーターのハイブリッドの2013年式あたりが選べ、1.5Lのガソリン車であれば2014年式が手に入る。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

ホンダ・シャトル画像はこちら

 当時の燃費性能はJC08モードではあるけれど、ハイブリッドで最高26.2km/L、ガソリン車で最高18.8km/Lと、フィット譲りの燃費性能の良さを備えている。ホンダ・シャトル画像はこちら

 肝心のラゲッジスペースは、開口部地上高が540mmと低く、フロアは奥行き985mm、実用幅1015mm~、天井高960mm。容量はフロア上だけで496L(フロア下はHVが21L、ガソリンは94Lのサブトランクとなる)と、5ナンバーワゴンとは思えない使い勝手、容量を誇っている。ホンダ・シャトル画像はこちら

 さらにセンタータンクレイアウトによって後席は低く、沈み込ませるように格納でき、奥行きは最大1810mmに達する。リヤドアから大型犬を乗せる、車中泊する……といったさまざまな使い勝手に対応してくれるのだから、いまでもじつに頼りになる5ナンバー本格ステーションワゴンと言っていいのである。ホンダ・シャトル画像はこちら

 今では手に入らないだろうが、当時はホンダアクセスのシャトル専用のラゲッジ用アクセサリーが充実していて、一時、筆者もシャトルとともに愛用していた。このあたりはライバルにない使い勝手の良さと言えたのだ。