せっかくならウマく肉を焼きたい! BBQの定番燃料「炭」「ガス」「ホワイトガソリン」「電気」のメリット・デメリット (1/2ページ)

せっかくならウマく肉を焼きたい! BBQの定番燃料「炭」「ガス」「ホワイトガソリン」「電気」のメリット・デメリット

この記事をまとめると

  • アウトドアの醍醐味といえばバーベキュー
  • 自然の中で味わう肉料理は格別
  • さまざまな手法はあるがやはり炭火がいい

【炭火でのBBQ】肉を焼いているというビジュアルも◎

 まず、キャンプでのBBQといえば「炭」が思い浮かぶはず。ここでは薪を含めて炭としてご紹介しますが、やはり炭で焼くお肉は美味しさが違います。その理由は遠赤外線効果によるもので、炭から放たれる遠赤外線によって外は“カリッ”と中は“ジューシー”に仕上がるのです。また、炭の場合肉を網に乗せ、フライパンなどを使わずに直火で焼くのが定番ですが、肉から滴り落ちた肉汁やタレが炭へと落ち、焦げた肉汁やタレが燻製効果をもたらすことで香ばしさをプラスしてくれるのです。

炭火バーベキューのイメージ

 デメリットとしては炭の場合は火力の調整が難しく、慣れない人は熾き火になる前に肉を焼いてしまい、外側が黒コゲで中が生……なんてことに。焚火台やBBQコンロを使うときは必ず炭が“熾き火”になってから肉を焼き始めることが重要です。炭の量をコンロの左右で分けて、焼き側(強火)と温め側(弱火)を作るのが賢い方法。ある程度焼けた肉は火力の弱い(炭の量を少なく)場所へと移し、遠赤外線で肉の中心まで火を入れましょう。

炭火の状態

【ガスでのBBQ】安定した火力でしっかり調理できる

 ガスを燃料にしたコンロやツーバーナーのメリットは、安定した火力が維持できること。手軽なアイテムとして家庭用のカセットコンロが人気ですが、同様にガスボンベを使用するツーバーナーは家庭での調理と変わることなく、火力用のツマミを回転させることで弱火から強火に調整することができるので失敗する確率は小さくなります。

ガスコンロでのバーベキューイメージ

 もちろん、カセットコンロやツーバーナーを使う場合には直火で肉を焼くことはできません。フライパンや専用の鉄板などを介して肉を焼くことになるので、炭火のようなワイルドさが味わえないのがデメリットになってしまいます。逆を言えば、同じ肉料理でも野菜炒めや煮込み料理をするのなら炭に比べてガスコンロは使い易く、手軽に調理ができるのがメリットと言えるでしょう。

フライパンでのお肉料理イメージ

 ガスを燃料にしたコンロやツーバーナーは使いやすい一方、カセットコンロ用のCB缶、ツーバーナー用のOD缶は寒さに弱く、長時間の使用による気化熱での温度低下や気温が低い場所では、十分に火力が発揮できない場合もあります。気温が低い季節や場所では少し値段は高くなりますが、寒冷地仕様のガス缶を使用することをおすすめします。

【ホワイトガソリンでのBBQ】火を付けるまでの手間も楽しい

 忘れてはならないのがホワイトガソリンを使ったツーバーナーですが、基本的にはガス缶を使ったコンロやツーバーナーと使い勝手は同じです。ただし、ホワイトガソリンは燃料の注入やポンピングなど手間の掛かる工程が多いのが楽しさであり、面倒でもあるようです。特徴としてはCB缶やOD缶と比較して、気温による火力への影響が少ないのは大きなメリットと言えるでしょう。

ツーバーナーでのバーベキューイメージ

画像ギャラリー