【激レア】1万円の価値あり! トヨタ「スターレットS」を本気で仕立てた「ハイストーリー」のレジン製「KP61」誕生

【激レア】1万円の価値あり! トヨタ「スターレットS」を本気で仕立てた「ハイストーリー」のレジン製「KP61」誕生

この記事をまとめると

  • インターアライドのオリジナルブランド「ハイストーリー」に新作が登場
  • 10月下旬に1/43スケールの「トヨタ・スターレットS」が発売
  • 価格は1万780円(税込)

ボディカラーは3色で展開

 模型メーカーのインターアライドは、同車オリジナルブランド「ハイストーリー」シリーズ最新作として、レジン製1/43スケール「トヨタ・スターレットS(1978)」が2022年10月下旬に発売される。同ブランドはおもに、あまりモデル化されていないような、レアな車種やグレードを商品化している。

 パブリカの上級グレードとして登場した「パブリカ スターレット」の後継モデルとして、1978年に登場した2代目のスターレット(型式:KP61)。当時、流行していたハッチバックスタイルを採用しながら、他社が前輪駆動化を進めているなか、あえてFRのままデビューしインパクトを与えた。

【関連記事】バブルの遺産「4代目ミラージュ」が凄すぎた! 1.6リッターV6だけじゃない三菱のやり過ぎ度合いとは

インターアライドから1/43スケールのトヨタ・スターレットSが発売画像はこちら

 エンジンは1.3L直4で最高出力は72psを発揮。車両重量は700kg前後ということもあり、多くのクルマ好きに影響を与えた1台。1980年代には、モータースポーツの入門車としてダートラやジムカーナで活躍していた。ちなみ3ドアにはスタンダード、DX、XL、S、SEの5グレード、5ドアにはDX、XL、S、SEの4グレードが用意されていた。

 今回、インターアライドでは、3ドアの走りを意識した「S」グレードをモデル化している。エクステリアの特徴は、ヘッドライトクリーナー、前後のバンパーにはメッキの加飾がないブラックバンパーを採用し、マッドガードも標準装備だった。見えない部分ではあるが、実車にはハードサスペンションが組み込まれていた。ミニカーでは1/43スケールながら、アンテナまで再現されている。

 また、画像では確認ができないが、インテリアはアルミ風インパネに3本スポークステアリング、タコメーター(SEにも標準装備)が採用されたのも特徴的だった。気になる細部は手にとってじっくりと眺めてほしい。ボディカラーはグリーン、レッド、ホワイトの3色が用意される。価格は台座付きで1万780円(税込み)。

 なお、本製品は生産数には限りがある。また、初回以降の再生産はないというので注意が必要だ。全国の模型店やインターネットで予約することができる。

※画像は試作品ため、製品版とは異なる箇所があります。

【詳しくはこちら】
インターアライド

http://www.interallied.co.jp/

画像ギャラリー