「ローダウン」&「リフトアップ」はカスタムの定番メニュー! カッコよさに直結する両者のメリットとデメリットとは (1/2ページ)

「ローダウン」&「リフトアップ」はカスタムの定番メニュー! カッコよさに直結する両者のメリットとデメリットとは

この記事をまとめると

  • サスペンションカスタムの究極の選択どっちを選ぶべきか?
  • ローダウン&リフトアップのメリットとデメリットとは
  • 極端な車高のアゲ・サゲは普段使いで支障を来すこともある

カスタム手法の多様化でリフトアップが大人気!

 チューニングでもドレスアップでも、カスタムの定番と言えるのが足まわり。ダンパーとスプリングを筆頭にパーツは数多く出まわっており、方向性は大きく分けると『下げる』か『上げる』かの二択だ。昔は車高を下げるローダウンが圧倒的に多く、車高を上げるリフトアップはクロカン4WD車だけの専売特許で、ごく一部の限られたクルマのカスタムだった。

 ところが昨今のアウトドア人気が影響してか、SUVを中心にリフトアップのカスタムが定番化。それは軽バンやコンパクトカーにも波及しており、車高を上げるためのパーツも次々に登場している。選択肢が増えることはユーザーにとって非常にありがたいことだが、愛車をカスタムする前に知っておきたいのは、それぞれにメリットとデメリットがあること。どちらをカッコよく感じるかは人それぞれなので、機能面に絞って分かりやすく解説してみたい。

走行中の安心感は高まるが車高の低さでクルマを傷めることも

 まずは車高を下げる=ローダウンのメリットは、クルマの重心が下がることでクルマの走行安定性が高まることだろう。サーキット走行ではコーナリング速度の向上でタイムアップが可能になり、一般道ではロール感を抑えることができ、運転中の不安を解消することができる。また、高速道路でのレーンチェンジがスムースにできるようになるなど、車高を下げたことによるメリットを体感できるシチュエーションはかなり多い。

【関連記事】バンライフはいま「天然木」ブーム! すぐにできるDIYカスタムと注意点をお教えします

ローダウンしたアルファードの走り画像はこちら

 逆にデメリットはローダウン量やパーツの組み合わせにもよるが、路面からの突き上げが大きくなり、結果として乗り心地の悪化を招くことがある。もっとも最近は、快適性を謳い文句にする車高調整式サスペンションも少なくないし、極端に下げなければさほど心配する必要はないはずだ。もうひとつはロードクリアランスが少なくなるため、段差や輪止めに下まわりやエアロをぶつけやすいこと。保安基準で定められている9cmの最低地上高を確保していても、ノーマルより車体をヒットしやすくなるのは避けられないため、駐車場などでは十分に注意して愛車を壊さないようにしたい。

画像ギャラリー