2000円の裏技が盛り沢山! ドライブ中の困難を簡単解決「ライフハック術」をお教えします (1/2ページ)

2000円の裏技が盛り沢山! ドライブ中の困難を簡単解決「ライフハック術」をお教えします

この記事をまとめると

  • ドライブ中に使えるクルマのライフハック術
  • 備えあれば憂いなしの意外なアイテムとは?
  • カーライフハック術がたった2000円でできる

ドライブ中に命を守る大技からちょっとした小技までを紹介

 昨今、世界的な異常気象による予想もしないような酷暑やゲリラ豪雨などで、命の危険にさらされるような場面に出くわすようになった。例えばクルマを運転中に突然の大雨による冠水で水没してしまうこともありえる。そんなときのために賢いドライバーは緊急脱出用ハンマーを車載し、万が一の状況に対応できる備えを行っていることであろう。また、ちょっとした旅先などでトラブルに見舞われることもある。そんなときに積んでおきたいアイテムを2000円以内で厳選、カーライフハック術を紹介する。

雨天のドライブでしっかり視界を確保!
「ドアミラー曇り止めフィルム」

 フロントウインドウに撥水剤を塗布して雨天でもクリアな視界を確保しているドライバーは多いと思うが、右左折や車線変更時で後方確認に必要なドアミラーが、雨滴で機能を果たせないときのために備えたいのが「ドアミラー曇り止めフィルム」(100〜1000円程度)だ。

 ネット通販や100円ショップでも取り扱いがある商品で、クルマへの施工のしやすさも魅力。左右のドアミラーをシリコンオフなどで油分を落とした後に、曇り止めフィルムを貼り付けるだけで、ゲリラ豪雨などの激しい雨でもミラーに映る視界をしっかり確保することが可能だ(曇り止めのほか撥水機能も備わる)。

 ただし、運転席・助手席のウインドウ自体に撥水・親水処理が行われていなければ、ドアミラーの視認性は半減してしまうので、両方に対策を施すことが必要不可欠だ。

【関連記事】発表間近!! ホンダ新型「ZR-V」開発者の言葉から読み解く「新たなパッケージング」とは

100円ショップのドアムラー曇り止めフィルムの施工画像はこちら

水没事故に備えて鍵に付けておきたい!
「ウインドウブレイクキーホルダー」

 車内に緊急脱出用のハンマーを車載している人はどれだけいるだろうか。運転の誤りで川や池、海に落ちてしまうというシチュエーションはあまりないだろうが、それでも万一のために備えることで憂いのないカーライフを送ることができる。とはいえ、デカいハンマーを車載するのは……と考える人も多いはず。

 そこでオススメなのが「ウインドウブレイクキーホルダー」(1650円)だ。このキーホルダーはフロントウインドウを女性でも簡単にたたき割ることができるハンマー機能のほか、シートベルトを切断するカッターも備えているので、イグニッションキーやスマートキーに付けておけば、すぐに車内で活用することができる。ウインドウブレイクキーホルダーでシートベルトを切断画像はこちら

画像ギャラリー