「小川張り」ってなに? テントとタープにひと工夫して快適なキャンプサイトにする方法をお教えします (1/2ページ)

「小川張り」ってなに? テントとタープにひと工夫して快適なキャンプサイトにする方法をお教えします

この記事をまとめると

  • テントとタープの長所を活かす技「小川張り」を解説
  • 設営の際にひと工夫するだけで快適なサイトを作れる
  • デメリットもあるので気をつけたい

テントから濡れずにタープ下へアクセスできる

 この「小川張り」とは老舗の国産テントメーカーであった「小川テント」に敬意を称したもので、簡単に説明するとテントとタープを連結させたスタイルの呼称として広まっていきました。一般的にはテントとタープは距離を取り、広々としたスペースで使うのが一般的ですが、この「小川張り」はテントとタープを一体化させることで大きなメリットを生み出すのです。

 なんと言っても最大のメリットは「雨に強い」ということ。テントとタープをジョイントすることで、テントから雨に濡れることなく前室が使えるのは本当に便利です。簡単に言えば「ルーフバルコニー付きの部屋」的なイメージをしてもらえれば分かりやすいかもしれません。

タープとテントを連結させるキャンプ技「小川張り」とは

 この小川張りは、基本的にヘキサタープをベースにコンパクトなテントを融合させるのが基本。タープは前方を高く、後方を低くしてテントと密着させます。設営方法としてはタープの後方部分のポールに延長ベルト(1000~2000円程度)や長めのガイロープを使用し、テントの上部をまたぐように張ること。そして、タープの後方にオフセットするようにテントを設営すれば完成です。

 最近では小川張りの進化版とも言える、前室を備えた2ルームテントも市販されていますが、重量があり高価なのがネック。2ルームテントの重量は15~20㎏、価格的には5万円台から20万円台となっています。その点、小川張りはタープとテントがセパレートなので持ち運びも簡単。いま使っているタープとテントにひと工夫を加えるだけでサイトが構成できるのはお財布にも優しい大きな魅力です。

画像ギャラリー