マツダ787Bの4ローターの快音にファン大絶賛! トヨタトムス85Cがクラス優勝を遂げる【2022ルマンクラシック】 (1/2ページ)

マツダ787Bの4ローターの快音にファン大絶賛! トヨタトムス85Cがクラス優勝を遂げる【2022ルマンクラシック】

ヒーローが集う欧州最大級の夏祭「ルマンクラシック」

 ルマンクラシック(LMC)は、ルマン24時間レースを主催するACOとクラシックカーレース主催組織であるペーター・アウトが、2002年に開始したクラシックカーレースである。

 特徴としては、第1回ルマン24時間レースが開催された1923年以降1980年までの同レース出場車に資格が与えられるもので、年代別に6つの出走区分に分けられ、ルマン24時間が開催されるサルトサーキットにて、それぞれ土曜日の午後4時以降24時間の間に3回のレース枠を全力で走って順位を競うのが基本だ。

 美しく価値も高いビンテージカーを眺め、優雅なパレードランを見て楽しむクラシックカーイベントではなく、ガチでレースするのが特徴。しかも、ホームストレートのコンクリートウォールに沿って斜めに停車しているレースカーに向かって、コースの反対側からドライバーが走って乗り込み、エンジンを始動する伝統的なルマン式スタートでコンペティションが始められるのである。

ルマンを戦った680台の歴代マシンが集結

 6つの枠を見ると、グリッド1(プラトー1)には、ベントレー3L、アルファ ロメオ8C、ブガッテイT57など初期のルマンで活躍した1920年代・30年代の名車が集っている。グリッド2は、第2次大戦の影響で1940年から49年まで24時間レースが開催されなかったため、1950年代のマシンで構成。同時代を席巻したジャガーCタイプ/Dタイプに加え、オースチン・ヒーレー100、モーガン・プラス4やアストンマーティンDB2/3などの英国車が多い。

 グリッド3は、1960年代前半に旋風を巻き起こしたフェラーリ250が主役であり、一方ロータスやMG、TVRといった英国のライトウェイトスポーツも多数エントリーしている。グリッド4は、1960年代後半のクルマたちの枠であり、フォードGT40やシェルビー・コブラなどのアメリカンモンスターが一気に増える。

 1970年代前半が中心のグリッド5は、ローラやシェブロンなどのスポーツカーが登場。ポルシェ917やフェラーリ365GTBもこの時代のマシンだ。グリッド6には、グループ5スポーツカー全盛の1970年代後半のため、ポルシェ935やフェラーリ512、BMW M1などが現れる。

 これらのヒストリックカーだけでざっと450台がエントリーリストに名を連ねているが、このほか、サポートイベントとして設定されているクラシックジャガー(50台)、ポルシェクラシック(70台)、1993年以降2010年までのルマン出場車によるルマン耐久レジェンド65台に加え、グループCレーシングが45台。なんと合計680台もの「ルマンカー」がレースする。これは、まさに華麗なる異常事態だ。

【関連記事】HREは2台とも上位フィニッシュならず! 第20戦「UNOH 200 presented by Ohio Logistics」のレポート【NASCARトラックシリーズ2022】

古いポルシェなど画像はこちら

 このほか、ブガッティサーキットのトラックとインフィールドまでを埋め尽くして展示参加しているクラブカーが850台以上となっている。さらに、キッズによる「リトルビッグマン」(ミニカー)レース100台、ビンテージモーターサイクルのオークションも行われる。英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードや、アメリカのモータースポーツ・リユニオン(ラグナセカ)も多数の貴重なレジェンドカーが走っていたが、このLMCレースに参加するのは、正真正銘のルマンカーに限られており、「正統感」は半端ない。

姿を現した名車に他車のメカニックも羨望の眼差しを向ける

 さて、この特別なイベントに現れたわれらがマツダ787Bとトヨタトムス85Cの話に戻ろう。南仏サンブックにあるモデルカーブランドSPARKのプライベートサーキットでテスト走行を済ませた2台は、6月29日夕方にサルトサーキットのグループCパドックに到着した。

パドックに並ぶ787Bと85C画像はこちら

 2台積みトレーラーのリヤゲートが開くと、そばにいた他のグループCカーの担当メカニックたちがスマホを片手に集まってくる。1991年ルマンウィナーである787B、近年5連覇しているトヨタハイブリッドルマンカーの元祖とも言えるトムス85Cは、彼らにとってもヒーローカーなのだろう。

 翌30日にはエアツールのセットなど、ピットの設営を行い、7月1日の第1回目走行に備えた。広島から派遣されたマツダ787Bのエンジニアのふたりは、南仏から行動をともにしているトムス85Cのメカニックたちとすでに意気投合。何かあればお互いに助け合おうと話していた。この日までは空は雲に覆われ肌寒かったが、翌日7月1日には青空となり、気温もこの時期に相応しい暖かさを取り戻すことになった。