キャンプ初心者に人気! 簡単設営の「カーサイドテント」でワンランク上の快適空間を手に入れる

キャンプ初心者に人気! 簡単設営の「カーサイドテント」でワンランク上の快適空間を手に入れる

キャンプの楽しみが広がるもう一つのテント!

 クルマに連結できるテントがおもしろい。「カーサイドテント」とも呼ばれるアイテムで、独立設営と違ってクルマ連結設営という特徴を生かしたメリットを持っている。バックアップデザインのクロスLXシリーズのカー+リビングポップアップテントなどを筆頭に、さまざまなカーサイドテントが登場してキャンプの楽しみが広がっている。

クルマと連結することで快適な居住空間が生まれる

 クルマに連結するから設営が楽という点と、車内スペースも同時に使うことができるから、広いシェルターのような居住空間を作ることができる。

 独立設営のテントとは異なり一方だけ開いていてそこをクルマの横ドアやリアハッチに連結し、クルマをポール代わりにして固定。類似アイテムでカーサイドタープやオーニングがあるが、これらは屋根として日よけや雨よけにはなるがクローズではないので視線よけにはならない。

【関連記事】ベース車両は469万円から! フィアット「デュカト」の正規販売店が決定、キャンピングカー仕様は2023年にお披露目予定

テント連結画像はこちら

車内からテントまで中移動できるフルクローズな空間

 カーサイドテントはフルクローズするので、外からの雨風や視線を防ぐ。車内スペースと一体感となった空間も生まれ、いかにもプライベートな空間が完成する。車中泊と組み合わせて使えば寝室とリビングといった感じで、リビングがクルマに併設。ドアを開けた状態にしておけば、車内へのアクセスも良く、雨天の時でも濡れることもなくリビングから寝室へ移動できるのが便利だ。車内へのアクセス画像はこちら 車内のスペースだけで車中泊するには狭く、休憩や食事をするのに不便と感じるが、カーサイドテントを利用することで広がったスペースによって快適な時間を過ごすことが可能で、車中泊が格段に快適になる。 広いスペース画像はこちら

おもしろいほどワンタッチでテント設営が可能!

 設営がクルマと連結なので撤収も簡単。テントを固定するためのペグ打ちなどの作業も少なく、撤収もその分楽になる。いわゆる急な天候の変化に対応しやすいのがいい。製品によってはワンタッチでポップアップ設営できてしまえるモノもある。こうなるとテント設営が苦手なキャンプ初心者や女の子でも楽しめそうだ。テント設営方法画像はこちら