「カウンタック」の集大成は7000万円! ランボルギーニ時代のパガーニ作「25th アニバーサリー」とは? (1/2ページ)

「カウンタック」の集大成は7000万円! ランボルギーニ時代のパガーニ作「25th アニバーサリー」とは?

ランボルギーニ創業25年を祝うモデル

 RMサザビーズ社は、2022年のペブルビーチにおいて開催した「モントレー」オークションに、ランボルギーニ「カウンタック」の最終進化型となる「25th アニバーサリー」を出品した。「ミウラP400」、「レヴェントン」、そして「カウンタックLP500S(LP5000S)」とともに、4台のランボルギーニをステージ上で披露することに成功した。

 その中で最大の驚きといえたのは、1984年式のカウンタックLP500Sが、100万ドルを超える価格で落札されたこと。ならばそのさらなる進化型となる、そしてカウンタックの最終型となる25th アニバーサリーには、どのくらいの評価が下されるのか注目が集まった。

657台生産された25th アニバーサリー

 RMサザビーズ社による予想落札価格は55万~65万ドル(邦貨換算約7400万~8800万円/オークション当日のレートによる)というものだった。ちなみに25th アニバーサリーはカウンタックの全シリーズの中では最もその生産台数が多いモデル。25th アニバーサリーなる車名が意味するところである、ランボルギーニの創立25周年にあたる1988年から1990年にかけて657台が生産されている。

【関連記事】昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

ランボルギーニ「カウンタック 25th アニバーサリー」

 その25th アニバーサリーが大きな特徴とするのは、まずは何といってもそのエクステリアデザインだろう。デザイナーとして抜擢されたのは、当時ランボルギーニの契約デザイナーであり、後にパガーニ・アウトモビリ社を設立するオラチオ・パガーニ。

 パガーニはまず、欧州仕様、そして北米仕様のいずれにおいても、ひとつのスタイリングを与えることを試みる。フロントバンパーやそれ自身でスポイラーとしての機能も果たすリヤバンパーの造形などは、まさにそのコンセプトによるものだが、結局それはアメリカのすべての州では適合できなかった。出品車には無骨な5マイルバンパーが装着されていないのは幸運だ。