クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • トヨタ「ハイラックス」でアジアクロスカントリーラリーに参戦決定! ボディは持続可能な天然素材
SPORT
share:

トヨタ「ハイラックス」でアジアクロスカントリーラリーに参戦決定! ボディは持続可能な天然素材

投稿日:

TEXT: 青山義明 PHOTO: 青山義明

  • ラゲッジスペースには、スペアタイヤを平積みで搭載する

3年ぶりにアジアクロスカントリーラリーが帰ってくる

 コロナ禍の影響もあって開催を取りやめていたが、ついに2022年、第27回大会となるアジアクロスカントリーラリー(AXCR)の開催が決定し、2022年11月にスタートする。これに「WÜRTH TRD Hilux MSB Tras135」が参戦することを、そのメインスポンサーを務めるウルトが発表した。

 アジアクロスカントリーラリーは東南アジアを中心に開催されるFIA・FIM公認国際クロスカントリーラリー。1996年に初開催し、以後毎年8月に開催されてきたが、2020年、2021年とコロナ禍の影響で開催はキャンセル。3年ぶりの大会はこの11月に開催となる。今回の総走行距離は約1700kmと、同ラリーとしては短めのコース設定だ。

アジアクロスカントリーラリー初挑戦の2名が参加

 トヨタ・ハイラックスをベースとして仕立てられた「WÜRTH TRD Hilux MSB Tras135」に搭乗するのは新田正直/松井 勉ペア。アジアクロスカントリーラリー初挑戦の2名となる。

 新田選手は、LEXUS IS F CCS-RニュルブルクリンクプロジェクトやTEAM SUZUKI ECSTAR MotoGPのチームパートナーとして、そして鈴鹿8時間耐久レースにはBMWを使ったチームにもカーボンコンポジット製品を供給するトラスの代表であり、コンポジットスペシャリスト。モータースポーツを陰で支えつつ、自身もオフロードバイクが趣味で、さらに2020年からTOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ(ラリチャレ)にトヨタ・アクアで参戦するなどラリーを楽しんでいる。

 コ・ドライバー(ナビ)を担当する松井選手は、普段はモーターサイクルジャーナリストとして、おもに2輪媒体などへの試乗レポートなどを寄稿している。また、BMW Motorrad本社公認オフロードインストラクターの資格も持っており、オフロードイベントの企画運営にも携わる。バハ1000など数多くのラリーに参加するなどオフロードレースの経験も多彩だ。

 今回の参戦は、この2名で、ラリチャレに使用していたアクアを使って冬の北海道を走破する「SHIBARERU RALLY 2021」に参戦したことがキッカケ。数日間にわたるラリー中の車内で、本格的に作り込んだ車両を使用し準備を整えればラリーレイド参戦は可能だという話が盛り上がり、ウルトからの全面的なバックアップもあり、そこから約1年半でこのプロジェクトは形になった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS