クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • 特別企画
  • 日本最速で泥まみれ!  新型ハイラックスが履いた「オープンカントリーR/T」の知られざる底力とは?
特別企画
share:

日本最速で泥まみれ!  新型ハイラックスが履いた「オープンカントリーR/T」の知られざる底力とは?

投稿日:

TEXT: 佐藤知範 PHOTO: TOYO TIRES、Auto Messe Web編集部

世界のラリーレイドで快進撃を続けるオープンカントリー

 8月某日、浅間サーキットでチームジャオスの新型ハイラックスがシェイクダウンを行った。ハイラックスといえば8月19日にマイナーチェンジしたばかりだが、これはそれよりも一足先に発売された海外仕様。とはいえ日本で新型ハイラックスをラリーレイドカーに仕立てたのはジャオスが初と思われる。なお、チームジャオスは2015年からアジアクロスカントリーラリーに参戦しており、昨シーズンの2019年はクラス優勝を果たしている。

(注)この写真は「アジアクロスカントリーラリー2019」の模様です

 アジアクロスカントリーラリー(以下AXCR)は、タイ、マレーシア、ラオス、ベトナムといったアジア各国を基点とし、山岳地帯やジャングルなどを2000㎞以上にわたって走破するアジア最大級の国際ラリーだ。レース環境は過酷。穴だらけのダートや岩がゴロゴロした道なき道を走り、時にはボンネット近くまで浸かる川にも突入していく。

 それゆえタイムを争う競技ながら、まずはリタイヤせずに完走するだけでも難しい。特に足まわりには通常の走行とは別次元の大きな負担が掛かる。クルマを壊さず、できるだけ速くコースを駆け抜けるためには、サスペンションは当然だがタイヤのチョイスも重要になる。

 そこで今シーズン、クラス連覇を目指すチームジャオスが選んだのが、トーヨータイヤの「オープンカントリー」だった。

 AXCRにおいてオープンカントリーはまさに鉄板というべき存在で、2015年~2019年まで、オープンカントリーの装着車両が5回続けて総合優勝。また2019年はアメリカで開催された「Best in the Desert Vegas to Reno」、メキシコで開催された「SCORE BAJA  500」「SCORE BAJA 1000」でも、オープンカントリー装着車両が優勝という実績を残している。2018年以前もラリー優勝に導いた経歴は多数あり。

M/TとA/Tの特徴を併せ持つ「ラギッドテレイン」タイヤ

 オープンカントリーはトーヨータイヤが2000年代前半、北米市場に投入したSUV向けのブランドだ。まずはそこで確固たるシェアを獲得した後、凱旋するかのように2016年から国内でも販売が始まった。今では「オープンカントリーM/T」「オープンカントリーR/T」「オープンカントリーA/Tプラス」「オープンカントリーU/T」の計4シリーズをラインナップする。

 この内、今回チームジャオスのハイラックスが装着したのはオープンカントリーR/T。R/Tとは「ラギッドテレイン」の略で、トーヨータイヤ独自のタイヤカテゴリ。泥濘地で威力を発揮する「M/T=マッドテレイン」と、オン・オフ共にバランス良く使える「A/T=オールテレイン」の両方の性能を兼ね備えているのが特徴だ。ロードノイズはオフロード系タイヤとは思えないほど小さく、乗り味もしなやか。

 イメージは「見た目はM/Tっぽいけど性能はA/T寄り」といった感じだろうか。一般ユーザーからすると、M/Tタイヤはゴツゴツ感や迫力が魅力だが、静粛性や乗り心地の面で不安が残る。しかしA/Tタイヤではちょっと見た目が物足りない。そこで両者のいいとこ取りをしたオープンカントリーR/Tに大きな注目が集まっている。近ごろは他社も追随の動きを見せているが、このカテゴリを開拓したR/Tの支持率は圧倒的だ。

 つまりオープンカントリーR/Tは、基本はオンロード、たまにオフロードというライト層を中心に人気がある。一方で山中や河原を本格的に走り込むガチ勢なら、R/TじゃなくM/Tじゃないの、という風潮も何となくある気がする(あくまで筆者の印象)。実際、トーヨータイヤでもR/Tは「オンとオフの性能を両立」、M/Tは「オンも走れる本格オフ向け」をうたっている。

 だからチームジャオスのハイラックスが、M/TではなくR/Tを履いていたのは意外だった。前述したAXCRで5連覇中の車両も、装着していたのはオープンカントリーM/Tの方だ。一体どういう意図でこのR/Tを選んだのだろうか。チームジャオスの監督であり、4WD&SUV総合パーツメーカー・ジャオスの代表取締役でもある赤星さんに話を聞いた。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS