クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 日産新型「フェアレディZ」がタミヤでプラモデルになった! リターンモデラーにオススメの理由とは
カーライフ
share:

日産新型「フェアレディZ」がタミヤでプラモデルになった! リターンモデラーにオススメの理由とは

投稿日:

TEXT: 佐藤幹郎  PHOTO: 佐藤幹郎

  • タミヤ「1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)」

  • 2022年12月にタミヤから発売予定の「1/24 スポーツカーシリーズ No.363 1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)」

  • タミヤ「1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)」
  • タミヤ「1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)」

タミヤが全日本模型ホビーショーで話題の日産フェアレディZをお披露目

 半導体不足により新車の納期が大幅に遅延している自動車業界。その最中、タミヤが第60回全日本模型ホビーショーで7代目となるRZ34型日産フェアレディZのプラモデル「1/24 スポーツカーシリーズ No.363 7代目フェアレディZ」を初披露した。

 この最新作のこだわりは作りやすさにある。従来、塗り分けが難しかったシートやルーフ、ルーフフィニッシャーなどを別部品として構成したことで、マスキングテープを使わずに塗装することができ、ちょっとした空き時間に少しずつ作業を進めることができる。それだけにリターンモデラー(ふたたびプラモデル作りに挑戦する方)にもオススメで、狭い作業スペースでもさっとスプレーできるから「細かい箇所の色を塗るのは大変だな〜」という人でも安心だ。そして塗装した部品を接着剤を使うことなく組み付ければよく、細かいディテールを仕上げることで完成度はグッと高まる。

プラモデルを身近なものにするお手軽さも魅力

 逆に残念なのはエンジン本体がないこと(車体下側からトランスミッションや排気管、サスペンションアームなどの姿を覗くことはできる)。これはコストとの兼ね合いで割愛されており、パーツ点数が増えているのにエンジンまで……となると、どうしても価格が割高になることは否めない。そこで今回は、作りやすさ優先でエンジンを外したというワケだ。エンジンといっても実車でもエンジンカバーが掛かっていて昔のように見える部分は少なく、小さい部品も気にならずに作り込みたい人には良いが、苦手な人もいるだろう。つまり今回は取っつきやすさが優先されているのだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS