クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • BMWの「バットモービル」が現代に蘇る! 50台限定の「3.0CSL」は「直6+MT」で登場! 日本には何台入ってくる?
カーライフ
share:

BMWの「バットモービル」が現代に蘇る! 50台限定の「3.0CSL」は「直6+MT」で登場! 日本には何台入ってくる?

投稿日:

TEXT: iconic PHOTO: BMW Group

  • サーキット走行を考慮して、冷却システムやクランクケースを強化している

50台限定のBMW M社50周年を記念した特別なMモデル

 BMWは2022年11月、50台限定の特別な2シーターハイパフォーマンスモデル「3.0CSL」を発表した。BMW M社の50周年となる2022年、数々の記念モデルを発表してきたBMW。その中でもさらに特別なモデルとして、1972年に登場したMの始祖というべき名車「3.0CSL」をオマージュ、50年の歴史に新たな名を刻むモデルとして新たな“2代目”3.0CSLが作り出された。

BMW M史上で最もパワフルなストレート6を搭載

 ダイナミックかつエレガントなエクステリアとクラシカルでスポーツカーライクなコックピット、軽量構造、直6エンジンにMTミッション、後輪駆動、BMW M社がサーキットで培ってきたそれらのノウハウが取り入れられているという。なお、引き継がれたネーミングのCSLはクーペ(Coupe)、スポーツ(Sport)、ライトウェイト(Lightweight)を略したものだ。

 生産はドイツのディンゴルフィング工場で、最新技術と30人の熟練の作業員によって行われる。手作業が多いため、1台にかかる作業時間も通常のMモデルよりはるかにかかるそうだ。

 DTM(ドイツツーリングカー選手権)を制覇した「M4 GT3」のエンジン由来となる3L直6ツインターボを搭載。公道走行が可能なBMW製直6エンジンとしては最もパワフルな、最高出力567ps・最大トルク550Nmを発生。組み合わせられるトランスミッションは、ギア比とストロークをオリジナルでセッティングした6速MTとなっている。

 直6エンジンはMモデルらしく高回転型に仕立てられ、冷却系やオイル供給はサーキット走行にも対応している。足回りには電子制御式ショックアブソーバーを用いたアダプティブMサスペンションを装着した。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS