クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「3000GT」!? 2JZエンジンを搭載した「2000GT」のレプリカが本物ソックリなのは理由がありました
CUSTOM
share:

トヨタ「3000GT」!? 2JZエンジンを搭載した「2000GT」のレプリカが本物ソックリなのは理由がありました

投稿日:

TEXT: 高桑秀典  PHOTO: 高桑秀典

  • オリジナルタイプの7連メーターを採用。ステアリングホイールはナルディを装着

普段使いから長距離ドライブまで安心して乗れる!

 一般的にレプリカは、すでに存在しているクルマをベース車として製作されることが多い。だが、ロッキーオートはトヨタ「2000GT」ならではの流麗なボディラインやドライビングポジションを崩すことなく、排気量3000ccの直列6気筒エンジンや現代のトランスミッション、足まわり、エアコンユニットなど、当時のモノよりもボリュームがある各種パーツたちを組み込んでいる。

 驚いたのが、日本での公道走行を可能とする厳しい基準を満たすため、フレームから製作するしかないと考えて実行したこと。東京オートサロン2023の会場で「Rocky 3000GT」と「TOYOTA 2000GT 細谷四方洋 グランプリ 15」を見た若者が“旧いクラウンとかがベース車なのかな?”と言っていたが、実はそうではないのだ。オリジナルの2000GTに近づけるためにわざわざフレームから製作し、それを採用したことにより、「Rocky 3000GT」は現代版のトヨタ 2000GTとして蘇ったわけである。そして、2000GTのデザインを担当した野崎 喩氏が描いた美しいラインを崩すことなく再現することが可能となったのだ。

当時の質感を損なうことなく再現

「Rocky 3000GT」のオリジナルディメンションは2000GTのボディをデータ化することで再現性を高めており、ボディのほかにもドアやバックパネル、ボンネットなどもデータ化して再現している。図面や資料が残っていない部分に関しては実車からデータ化しているので、一般の人が見たら本物と区別がつかないような完成度になっているのだ。ガラスモールバンパー、フェンダーミラー、ライトグリルなどは本物と同じ素材にてメッキをかけることで、当時の質感を損なうことなく再現している。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS