「カスタマイズ」の記事一覧 - 2ページ目

さらに車種で絞り込む:

ホイールメーカー「OZ」日本法人が創立30周年!新作モデルを続々発表

センターロック風デザインを採用 正真正銘、メイド イン イタリーのホイールブランド「OZ」。その日本法人となるOZジャパンが、今年で創立30周年を迎えるにあたり、東京都内にて記念パーティーが行われた。そこでお披露目された...

続きを読む...

旧車やキャンピングカーの転用も期待! 死角をモニター化する「モービルアイ・シールドプラス」が発売

ドライバーの死角をつねにモニターできる ジャパン・トゥエンティワンがマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社の「モービルアイ・シールドプラス」を発売。従来の前方衝突事故を回避する警報機能を備えながら…

続きを読む...

ルノー・ジャポンがアウトドア・ブランドとコラボ!キャンプに便利でお洒落なアイテム登場

自然を楽しむ流れはよりファッショナブルに ルノー・ジャポンは、アダストリア(ファッションカジュアル専門店チェーン)が展開するスタイルエディトリアルブランド「niko and … (ニコアンド)」、そしてアウト...

続きを読む...

無料地図アプリYahoo!カーナビがApple CarPlayに対応!大きな車載モニターで操作できる

対応できるスマホはiPhoneのみ 今や必需品となったスマートフォンやタブレット。クルマに乗る人であれば、これらに何らかのカーナビアプリが入っているだろう。そんなユーザーに対応するためYahoo!(ヤフー)は、Yahoo...

続きを読む...

操作かんたんカーナビに最高画質をプラス!パイオニア新型「楽ナビ」登場

新作ドラレコ7モデルと音質向上パーツも発表 パイオニアが2019年カロッツェリア新製品を一気に発表した。そのなかでも注目なのが誰もが使えるかんたんカーナビの代表「楽ナビ」だ。従来モデルよりモニターの画素数2.4倍に高め、...

続きを読む...

街中で思わぬ車両トラブル! 持っておきたいお役立ちアイテム5選

走行会も万が一に備えておけば安心 チューニングカーや旧車となれば、出先でのトラブル対応については頭のどこかに入れておきたいもの。もっともトラブルに対して自分で対応しようとせず、レッカーなどのサービスを呼ぶことが基本だが…

続きを読む...

2 / 382123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...