「カスタマイズ」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

トヨタのGAZOOってなに? 名前の由来とGRのラインアップに迫ってみた

自動車メーカー直系のチューニングカー 最近のトヨタはGR、GRMNといったスポーツシリーズを次々に投入してきているが、ブランドにどんな意味があるのか知っているのだろうか。今回は名称について簡単に整理してみたいと思う。 そ...

続きを読む...

ホイールナット選びは要注意!サーキット走行で軽量タイプがオススメできない理由

材質で熱膨張率と強度が異なる カスタマイズにおいて、ホイールとセットで交換することも多いナット。人気が高いのはジュラルミン製の軽量ナットで、カラーバリエーションも豊富に揃っている。ところがハードなスポーツ走行には、オス…

続きを読む...

保管場所に困らず、家庭でも使える「アウトドアキッチングッズ」5選

自宅からそのままキャンプ場へ 東京・代々木公園で開催された国内最大級のアウトドアイベント「アウトドアデイジャパン 東京 2019」で発見した、数々のクッキングアイテム。アウトドアで使うのに便利な機能を備えていることもさる...

続きを読む...

走って、見て、交流できる巨大オフ会! アルトワークス・コペン・S660が100台オーバー集結

仲間との交流とスポーツ走行が楽しめる いまとても元気がいい軽スポーツカーを対象としたオーナー交流イベント「オートスタイル 660 GTミーティング」が、4月7日 滋賀県にある奥伊吹モーターパークにて開催された。ダイハツ・...

続きを読む...

ダイハツ、第25回「バリアフリー2019」に送迎支援システムや最新の軽福祉車両を出展

「コトづくり」諸活動の紹介イベントも実施 ダイハツ工業(以下:ダイハツ)は、4月18日(木)から20日(土)まで インテックス大阪(大阪市住之江区南港北)で開催される、西日本最大規模の高齢者・障がい者の快適な生活を提案す...

続きを読む...

3 / 382«...234...102030...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  4. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  5. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  6. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  7. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  8. 現在の自動車には皆無! コンパクトなボディに大排気量エンジン搭載したクルマ4選

    ナリは小粒でも走りは刺激的  最近では上級車種であっても小排気量で過給...

  9. キャンピングカーから救急車まで! 街中でよく見かける特装カスタマイズメーカー3つ

    社会生活に貢献するクルマも数多し  ひと昔前まではクルマのカスタマイズ...

  10. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...