プロショップが考える理想のGT-R像とは? RB26&VR38チューニングの秘策を公開!(前編) (1/2ページ)

プロショップが考える理想のGT-R像とは? RB26&VR38チューニングの秘策を公開!(前編)

独創的な発想が生むRB26DETTチューニング理論

 R32スカイラインGT-Rの時代から積極的にドラッグレースに参戦し、数々の記録を打ち立ててきた広島県福山市のチューニングショップ『ウエストスポーツ』。GT-Rを得意とする同店は、他とひと味違う独自のセットアップを施すことで有名だ。ウエストスポーツ流のGT-Rチューニングにはいったいどんな秘策が隠されているのか? 前/後編の2回に分けてその秘密に迫りたい。前編では「理想のRB26DETT」について亀谷治夫代表に話を聞く。

(初出:GT-R Magazine 154号)

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

GT-Rプロショップが理想のエンジンチューニングを伝授

Vカムの装着で低速トルクを補うのが第一歩

 2020年でオープンから30周年という節目を迎えた『ウエストスポーツ』。第2世代GT-Rでは1000ps超でゼロヨン8秒台というモンスターマシンを手掛け、古くからエンジンチューンにおいては同業ライバルからも一目置かれる存在である。

「R32からR33の時代はとにかくパワーを追求しました。当時、谷田部のテストコースで行われていた0-300km/h計測で一番になることを狙っていたのです。結果的には機会に恵まれずトップを獲ることはできませんでしたが、あのころに積んだ経験は現在も生かされていると思います」と語る亀谷治夫代表。

 名うてのチューニングショップが加盟する『CLUB RH9』創立初期から主要メンバーとして活動し、同クラブが主催する鈴鹿サーキットのタイムアタック企画では、1000psオーバーのR35デモカーでチューンドGT-Rのコースレコード「2分4秒649(’20年当時)」をマーク。そんな経歴を聞くと、超ハードな仕様を得意とするショップというイメージを抱くかもしれないが、同店を訪れるGT-Rオーナーの大半が求めるのは“ストリート仕様”だという。

「当店の第2世代GT-Rのお客さまはHKSの可変バルタイシステム Vカムの装着率が非常に高く、常連さんはほぼ100%に近いと言ってもいいほどです。レブリミットが8000rpmという高回転型のRB26DETTは、どうしても4000rpm以下での力不足が否めません。低速からトルクが確保できるという点で、Vカムの装着は街乗りで絶大な効果を発揮します。R32の時代からHKSさんには懇意にしていただいており、当時は本社のエンジンベンチでウチのデモカーのRB26をテストすることもありました。Vカムが発売された際も、確かショップでは当店が装着第一号だったと思います」

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

GT-Rプロショップが理想のエンジンチューニングを伝授

2.6Lの排気量のままでも十分に楽しめる!

 当時、HKSでGT-Rの開発担当をしていたのは現社長の水口大輔氏で、開発時のデータを提供してもらいながら日夜セッティングを煮詰めたという。そんな長い付き合いもあり、同店で扱うRB26のエンジン関係のパーツはほぼHKSの製品がメインになっているとのことだ。

「Vカムと併せて2.8L仕様にステップアップされる方も多いですが、2.6LのノーマルのままでもまずはVカムを装着することを勧めます。これにGT‒SSタービンやGT2530タービンを組み合わせることでノーマルよりも扱いやすくなり、パワー的にも楽に500psオーバーが可能となります」

 ニッパチ(2.8L)+Vカムは第2世代GT-Rオーナーの多くが口にする「理想の仕様」である。ここで取り上げるR34GT-R VスペックIIニュル(オーナー:小畠光昭さん)は、同店のユーザーの中でトップランクのスペックを誇る一台。HKSの2.8LキットにVカム・ステップPROを組み合わせ、GT2530KAIタービンで実測637ps/74.2kg‒mを発生している。

「低速トルクの確保に関しては通常のVカムでも十分ですが、ステップPROのカムシャフトは中空構造となっており、軽さに加えて捻れにも強く、高回転域の伸びに差が出ます。ハードウェアの性能はもちろんですが、最終的に鍵を握るのはやはりコンピュータのセッティングだと考えています」と亀谷代表は説く。

GT-Rプロショップが理想のエンジンチューニングを伝授