クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 「1億円超えも!!」日産「R35 GT-R」のレアな特別仕様車ぜんぶ見せます!「T-spec」は本当にラストモデルになる!?
カーライフ
share:

「1億円超えも!!」日産「R35 GT-R」のレアな特別仕様車ぜんぶ見せます!「T-spec」は本当にラストモデルになる!?

投稿日:

TEXT: GT-R Magazine編集部  PHOTO: GT-Rマガジン編集部/日産自動車

  • R35GT-R Spec Vのリヤスタイル

台数や期間限定で販売されたR35GT-R特別仕様車たち

 R35GT-Rは2007年に誕生してから毎年のように改良を繰り返す「モデルイヤー方式」を採用。この15年間で熟成を続けてきた。こうした標準モデルの進化もさることながら、実はそれぞれの節目で登場した限定車も多い。ここではそんな超レアな特別モデル12台を紹介していこう!

(初出:GT-R Magazine158号・加筆)

【Spec V】走り重視のスパルタン2シーター

 MY09からMY11までカタログモデルとして設定されていた「Spec V」。走りに特化したスパルタンなモデルで、NCCBと名付けられたカーボンセラミックブレーキを標準採用する。リヤシートを廃した2シーターとし、専用ホイールやチタンマフラーなどで軽量化にも注力。車重は基準車よりも60kg軽かった。車両価格は1575万円(発売当時)。

【EGOIST】好みの内装に仕立てられる贅沢仕様

 ラグジュアリー指向の特別グレードとして用意された「EGOIST」。最上級の本革をふんだんにあしらったインテリアはアッパー4色、ロア10色、合計20パターンの中から好みの組み合わを選択可能。ステアリングのGT-Rエンブレムには輪島蒔絵を採用するなど、日本が誇る匠の伝統の技を融合させた。車両価格は1500万300円(発売当時)。

【For TRACK PACK】Spec Vの後継パッケージオプション

 生産終了となったSpec Vに代わり、MY12から追加された2シーター仕様の走りのモデル。Pure editionにオプション設定されたパッケージで、内外装はスペックVに準じていた。滑りにくい特殊な表皮を用いたシートやノルドリンクとの共同開発となるサスペンションなど、トラックパックのために専用のアイテムも新規で開発されている。

【Club Track edition】本格的サーキット専用モデル

 プロドライバーによるスクールやR35ワンメイクレースへの参加希望者のために設定したサーキット走行専用モデル。余分な内装は軽量化のために廃され、ロールケージやフルバケットシートなどを標準装備する。サスペンションは専用のスリックタイヤに合わせたスペシャル品。開発車両を含め販売台数は14台という希少車だ。1047万9000円(発売当時)。

【Special Edition】特別カラーを纏う世界限定100台

 2013年7月に限定発表された「スペシャルエディション」。MY13のPremium editionをベースに特別塗装色ミッドナイトオパールを採用。ハイパーチタンカラーコートのアルミホイールとR34ニュルを想起させる金のコーションプレートなどを特別装備した。同年4月にR35の統括責任者となった田村宏志氏の復帰後第一号がこのモデルである。1050万円(発売当時)。

【45th Anniversary】R34 M-spec特別色を纏う限定45台

 GT-R生誕45周年を記念して2014年11月に発表された限定モデル。こちらもPremium editionがベースとなっており、外板色にはかつてR34GT-R M-specにも採用されていたシリカブレスをチョイスした。MY14で基準車はGT路線を色濃く打ち出したが、言うなればR34 M-specのコンセプトにも通じる。田村氏らしい演出の一台である。1078万7040円(発売当時)。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS