日産「フェアレディZ」「スカイラン」「シルビア」に選ばれた名機「L型エンジン」のチューニング界でも愛された理由とは? (1/2ページ)

日産「フェアレディZ」「スカイラン」「シルビア」に選ばれた名機「L型エンジン」のチューニング界でも愛された理由とは?

日産を支えてきたL型エンジン

 405psの3L V6エンジン(VR30DDTT)を搭載した本格2シーターFRスポーツ「新型フェアレディZ」が登場し話題になっている。このフェアレディZのキャラクターを確立させたのは、初代ZのS30だ。

 そのS30の心臓部には1965年に登場し、1980年代にRBシリーズにバトンタッチするまで多くの日産車を支えたL型エンジンが搭載されていた。同エンジンは、直列4気筒 1.3LのL13から直列6気筒のL20、L24、L28、さらには国産初の量産ターボ車「430セドリック」のL20ETのほかディーゼルエンジンまであり、バリエーションの豊富さでは、国産随一だった。

【関連記事】20代男子、トヨタ「ランドクルーザー70」を買う! 4WD一家の娘さんと交際して「ランクル沼」にはまって開眼

日産フェアレディZ画像はこちら

 搭載された車種も幅広く、先のフェアレディZをはじめ、スカイライン、ブルーバード、セドリック、グロリア、レパード、シルビア、バイオレット、ラルゴ、バネット……、日産の直4、直6はほとんどL型という時代があったほど。あの童夢-零のエンジンにもL28が選ばれていた。

メルセデス・ベンツの直6エンジンをお手本に開発した

 このL型エンジンの特徴は、カウンターフローのSOHC、頑丈な鋳鉄ブロック、チェーンによるカムシャフト駆動だった。お手本にしたのはメルセデス・ベンツの直列6気筒エンジンといわれ、生産性が高く、恐ろしくタフネスで、実用車からスポーツカーまで使い回しの利く非常にオーソドックスなエンジンだった。

 とくに流通量が多く、低価格でパーツが豊富だったのは大きなメリットで、SUキャブやソレックスキャブ、インジェクターまで吸気系は自在に選ぶことができた。また、ターボまで組み合わせることができたことで、モータースポーツやチューニングベースとしても高い人気を誇った。

 1980年代半ばは、大阪のトライアルやHKS千葉、RSヤマモト、SSクボなどの名うてのチューナーがL28改を積んだチューンドZで、谷田部(日本自動車研究所の高速周回路)の最高速アタックでしのぎを削った時代。

 当時、国産チューナーが打倒を目指していた光永パンテーラの最速レコード=307.69km/hを破ったのも、L28改の3Lツインターボ(ギャレットTo4タービン×2 OERキャブ)のトライアルZ(307.95km/h)だった。のちにHKS千葉も同じくL28改3シッターツインターボのZで313kmの最高速をマークしている。というわけで1980年代最速の国産エンジンはL型といってもよかった。