日産「ブルーバード」で最も人気があった「510型」は「フェアレディ240Z」と兄弟関係にあった!? 華麗なるモータースポーツの戦績とは (1/2ページ)

日産「ブルーバード」で最も人気があった「510型」は「フェアレディ240Z」と兄弟関係にあった!? 華麗なるモータースポーツの戦績とは

この記事をまとめると

  • 1967年に登場した3代目ブルーバード
  • 「スーパーソニックライン」と呼ばれる直線的なデザインに一新
  • モータースポーツで大活躍した

フロントドアの三角窓を廃止していたのが大きな特徴

 2001年にブルーバードシルフィに交代する形で、40年近いモデルライフを終えたブルーバード。かつては日産の基幹モデルとして、トップのトヨタを猛追する原動力となっていました。なかでも中興の祖となったのが、1967年にスタイリングも一新し3代目として登場した510系でした。今回はこの510系を振り返ります。

L型エンジンの4気筒版を搭載し4輪独立懸架を採用した期待のモデルとして登場

 ブルーバードの初代モデルは、1959年に登場した310系ですが、さらに遡っていくと1955年から1959年まで生産販売されていたダットサン110型セダン/210型セダンがあり、310系はその後継モデルととらえることもできます。

 いずれにしても1966年にサニー(10型)が登場するまでダットサンの、そして日産のエントリークラスを担当してきたモデルでした。310系ではラダーフレームにセミモノコックボディを架装するという成り立ちと、そのスタイリングこそ210系の正常進化に留まっていました。ですが、フロントサスペンションが初めて独立懸架となり、エンジンも210型から継承した988cc直4プッシュロッドのC1型に加えて、ストロークを伸ばして1189ccとしたE1型がラインアップに加えられていました。

 さらに1963年に登場した2代目ブルーバード(410系)では、搭載エンジンやサスペンションなど各部のメカニズムは踏襲されていましたが、モノコックフレームが初めて採用され、ボディスタイリングも一新。

 やがて1200ccモデルにツインキャブでチューンし、最高出力を65psに引き上げた1200SS(スポーツセダン)も登場しました。さらに1600ccエンジンを搭載し、フロントにディスクブレーキを備えた1600SSS(スーパースポーツセダン)も追加投入されています。

 その410系が1967年にフルモデルチェンジし、登場したのが3代目のブルーバード(510系)でした。スーパーソニックラインと呼ばれる直線的なデザインに一新されたボディは、ベンチレーターシステムを強化したことでフロントドアの三角窓を廃止していたのが大きな特徴でした。

【関連記事】1000万円以下で泥沼フェラーリ生活!? 素人が手を出してはいけない4座フェラーリ「365GT4 2+2」とは

日産ブルーバード1800SSS画像はこちら

 メカニズムも一新され、エンジンは1965年にセドリックに搭載されてデビューしていた、2L直6OHCのL20エンジンをベースに4気筒化したL13を採用。このL13は、単に直6のL20エンジンから2気筒を切り落としただけでなく、6気筒ながら4ベアリングだったL20に対して、L13は4気筒で5ベアリングとなっており、4気筒化に際しては大幅な改変が加えられていたことが分かります。

 このL13は1296cc(83.0mmφ×59.9mm。最高出力72ps)で、同時にストロークを伸ばして1595cc(83.0mmφ×73.7mm)とし、ツインキャブでチューニングしたL16(最高出力はレギュラーガソリン仕様で100ps、有鉛ハイオク仕様で105ps)を搭載した1600SSSも登場しています。

 ちなみに、L13を搭載したベースグレードは、その後L14(1428cc=83.0mmφ×59.9mm。最高出力85ps)を搭載した1400シリーズにアップグレード。1600SSSもL18(1770cc=85.0mmφ×78.0mm。最高出力はツインキャブ仕様で110ps)を搭載した1800SSSに移行しています。

 シャシーに関してはサスペンションを一新してフロントにマクファーソンストラット式、リヤにセミトレーリングアーム式と、4輪独立懸架を採用していたのが最大のエポックとなっていました。当初は4ドア/2ドアセダンと5ドアのワゴン/バンがラインアップされていましたが、最大のライバルだったトヨペット・コロナ(3代目のRT40系)のラインアップへ1965年に追加された2ドアハードトップに対抗するため、1968年には2ドアクーペも追加。3連リレー式シーケンシャルウインカー=流れるリヤウインカーが大きな話題になりました。

画像ギャラリー