『af imp.』

NEWS 新着情報

カジュアルとハイエンドを選択できる「ウェッズ」輸入車用ホイールラインアップ

輸入車ホイール市場に大反響を及ぼしたマーベリックとクレンツェの投入『ウェッズ』は、スポーツ系からドレスアップ系まで幅広いブランドを展開する、まさにホイール業界の巨人といえる存在だ。もともと国産車をメインターゲットにして…

続きを読む...

新型メルセデス・ベンツAクラス「今井優杏の試乗&インプレッション」

新たなるユーザー体験を提供する本命コンパクトハッチ、デビューオランダ・アムステルダムで2018年3月に発表されたメルセデス・ベンツの新型Aクラス。ユーザーに合わせて進化するインターフェイス『MBUX』を搭載し、第4世代へ...

続きを読む...

機能は最新を投入、最強メルセデスSUV「Gクラス」伝説が再び!!

外観はキープコンセプトながら中身は最新現代的に生まれ変わった“G”39年もの長きに渡り多くの人に愛されてきたGクラスが今年ついに新型へとフルモデルチェンジを果たした。タフネスさとモダンな機能が融合した最新のGをじっくりと...

続きを読む...

手抜きでも旨い! コンビニ食材で作る「絶品の山ごはんレシピ3選」

自然豊かな屋外で食らえば旨さアップ!あの食材がうま飯に早変わりこれからの季節、屋外で遊べば楽しいことばかり。というわけで、クルマに山遊びの道具を満載して、低山に登り、野遊びとしての、ゆるクッキングを敢行。山で、キャンプ…

続きを読む...

フランクフルト空港で「新型BMW M5」を発見! ハイパワーを支えるタイヤの正体は?

600psを受け止める純正採用タイヤは日本の誇る『アドバンスポーツV105』か本誌、af imp.の特派員より、スクープ情報が飛び込んできた。ドイツ・フランクフルト空港でレンタカーを借りに向かったとき、空港ロビーに新型「...

続きを読む...

次世代デザインの美麗な「アウディA7ハイブリッド」を南アフリカで試乗

美しいフォルムに最新技術を詰め込んだフラッグシップグランツーリスモ次世代のアウディデザインを纏った『アウディA7スポーツバック』。マイルドハイブリッドを始めとする最新技術と美しいボディラインを南アフリカ・ケープタウンでモ.…

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...