『af imp.』

NEWS 新着情報

カジュアルとハイエンドを選択できる「ウェッズ」輸入車用ホイールラインアップ

輸入車ホイール市場に大反響を及ぼしたマーベリックとクレンツェの投入『ウェッズ』は、スポーツ系からドレスアップ系まで幅広いブランドを展開する、まさにホイール業界の巨人といえる存在だ。もともと国産車をメインターゲットにして…

続きを読む...

新型メルセデス・ベンツAクラス「今井優杏の試乗&インプレッション」

新たなるユーザー体験を提供する本命コンパクトハッチ、デビューオランダ・アムステルダムで2018年3月に発表されたメルセデス・ベンツの新型Aクラス。ユーザーに合わせて進化するインターフェイス『MBUX』を搭載し、第4世代へ...

続きを読む...

機能は最新を投入、最強メルセデスSUV「Gクラス」伝説が再び!!

外観はキープコンセプトながら中身は最新現代的に生まれ変わった“G”39年もの長きに渡り多くの人に愛されてきたGクラスが今年ついに新型へとフルモデルチェンジを果たした。タフネスさとモダンな機能が融合した最新のGをじっくりと...

続きを読む...

手抜きでも旨い! コンビニ食材で作る「絶品の山ごはんレシピ3選」

自然豊かな屋外で食らえば旨さアップ!あの食材がうま飯に早変わりこれからの季節、屋外で遊べば楽しいことばかり。というわけで、クルマに山遊びの道具を満載して、低山に登り、野遊びとしての、ゆるクッキングを敢行。山で、キャンプ…

続きを読む...

フランクフルト空港で「新型BMW M5」を発見! ハイパワーを支えるタイヤの正体は?

600psを受け止める純正採用タイヤは日本の誇る『アドバンスポーツV105』か本誌、af imp.の特派員より、スクープ情報が飛び込んできた。ドイツ・フランクフルト空港でレンタカーを借りに向かったとき、空港ロビーに新型「...

続きを読む...

次世代デザインの美麗な「アウディA7ハイブリッド」を南アフリカで試乗

美しいフォルムに最新技術を詰め込んだフラッグシップグランツーリスモ次世代のアウディデザインを纏った『アウディA7スポーツバック』。マイルドハイブリッドを始めとする最新技術と美しいボディラインを南アフリカ・ケープタウンでモ.…

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  3. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  4. 「なにがオトク? メンテナンスは?」 カスタマイズされた新車コンプリートカー 6つの疑問

    ノーマルからのドレスアップよりもオトク? ローン購入ならばメリットはさ...

  5. FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

    チューニングすればリッター100ps超え! 直4OHVエンジンがサーキ...

  6. その価値1000万円オーバー!! 伝説のレプリカモデル「インプレッサ22B STI」を訪ねてドイツへ

    SUBARU稀代を愛するレーサーがドイツに!400台限定の愛車にクローズ...

  7. 悲運のマシン「紫電77」を生みの親、ムーンクラフトが40年ぶりに復活させる

    富士GCで記憶に残る美しいマシンが、 レプリカとなって現代へ蘇る 鈴...

  8. 京商 samuraiシリーズから「1/12NISMO R34 GT-R Z-tune」が発売

    一時期はプレミア価格が付くほど人気商品に 幅広い車種を高クオリティで再...

  9. 手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

    自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている 少子高齢化で、若者の...

  10. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...