『af imp.』

NEWS 新着情報

700万円を費やした正統派チューニングカー「アウディS4」の正体

速く走らせるための本気メイキングで500psをアクセル全開で攻める走りの魅力にどっぷりと浸かれるのは若さの証し。速さを得るためにはクルマ作りも妥協したくないし、巧みなドライビングのための努力も惜しまない。そんなひたむきに...

続きを読む...

ドイツのチューニングメーカー「ゲンバラ」が復活を遂げた真相に迫る

大きく揺れ動いた老舗チューナーから完成車ビジネスへの躍進へ実力はありながらも運命に翻弄されたドイツのチューナーといえば「ゲンバラ」だ。一度はその歴史に幕を降ろした彼らが、密かに復活を遂げている。本家ポルシェのお膝元ドイ…

続きを読む...

BMW M4の走りを変える正統派「ジャーマンチューニング」の実力とは

効果のみを追求した厳選スポーツコーデ誰もが納得できるプランニングを提案BMWに不可欠なブランドを数多く取り扱う”橋本コーポレーション”のアンテナショップがコンプリートしたBMW M4。そこに装着されるサスペンション&スポ...

続きを読む...

この性能はやめられない!日本のチューナーが調律する禁断の「BMW M POWER」

ビッグタービンで下克上爽やかにM4をカモれ!BMWといえばドライブすることが楽しくなるドライバーズカー。メーカーのキャッチコピーにもあるように”駆けぬける歓び”を堪能できるクルマだ。その中で、特に性能の高さで魅力的なクル...

続きを読む...

機能とデザインが融合したAMG C63のカーボンインテークシステム

価値ある空気を得るためにデザイン。機能性を重視した「グループM」の発想より大きなパワーを絞り出すため、エンジンは冷たくて密度の濃い空気を欲しがっている。それを実現させるために、効率を徹底的に追求して理想のフォルムを生み出…

続きを読む...

アウディのハイパフォーマンスモデル「S&RS」に捧ぐ高性能エキゾーストシステム

車種限定というニッチに攻めたエキゾーストシステムこそ性能はハイグレード価値のあるモノ作りを徹底する新鋭ブランド『irom(アイロム)』が誕生。もう妥協はしたくないという人にも存分に満足してもらえるための取り組みが製品に反...

続きを読む...

マニュアルシフト派が絶賛!ドイツ『CAEレーシング』に潜入

官能を刺激する絶品ショートシフター削り出しのソリッドな質感と節度ある動きが生む得も言われぬ快感を、一度でも味わってしまえばこのアイテムなしではもう運転したくない。そんな思いすら覚えてしまう逸品が日本に上陸。ドイツ・エッ…

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...