『K-STYLE』

大好評御礼! 次号予約キャンペーン 〜 新規で月額払いまたは1年購読すると……個数限定 オリジナルキャンバストートバックがついてくる! 購読キャンペーン実施中

【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

オンロード性能を両立させてファンを獲得、2代目は快適性が大きくアップした昭和45年に誕生したスズキ・ジムニー。本格的なオフロード4輪駆動車は、歴代モデルでビッグマイナーチェンジを何度が実施しつつ着実に進化してきた。今回、...

続きを読む...

【歴代ジムニー大全・初代編】実用第一主義だった初代ジムニーは男のくるまだった

軽自動車初となる本格四輪駆動車は3期に渡って独自の進化を果たす昭和45年に誕生したジムニーは、ビッグマイナーチェンジを何度が実施しつつ着実に進化してきた。そのために1代あたりのモデルサイクルが非常に長い。今回、ジムニー専...

続きを読む...

ホンダ「ビート」の純正パーツが再販・再生産を開始できた理由とは

全生産台数の60%が未だに残存多くの人に愛され続けているビートホンダは2017年の夏、販売を終了したスポーツカー「ビート」用純正補修パーツの再販を発表した。これは一時的なものではなく継続的な計画で、今年の1月には供給対象...

続きを読む...

【工場見学】手間のかかる修正「ホイールリペア」の現場に潜入

パテは使わずアルミ溶接で修復新品同様を取り戻す職人技を見るクルマのボディが美しくても、肝心のホイールがキズだらけでは台無し。”オシャレは足元から”とは、クルマも同じことだと思う。 さて、今回はそん...

続きを読む...

ホンダ「ビート」純正部品の再販スタート、ユーザーのリクエストは!?

ついに再販を開始したビート純正部品今後はラインアップを拡充させるオーナーの間ではすでにウワサになっていたクダリだが、一気にニュースとして広まった「ホンダ・ビート用純正パーツの生産再開」。最近では、マツダが「初代ロードス…

続きを読む...

【新型ジムニー・カスタム予測】クロカン風とアーバンスタイル、流行するのはどっち!?

新型ジムニーのカスタマイズ予想仕様の異なる2台をイラストしてみた「第45回東京モーターショー(10月27日〜)」にて、ズスキの新型ジムニーが発表されるようだ。無骨なイメージに戻るとか、ツートンカラーが選べるとか、さまざま...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  6. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...