「モータースポーツ>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

後輪駆動に負けない実力! 走りが楽しいじゃじゃ馬スポーツFF車5選

中古も視野に入る車種も存在する スポーツドライビングといえばリア駆動でキマリ! という自動車ファンは少なくない。最近ではWRCの影響もあって4WDを好むユーザーも増えており、全輪で駆動力を伝える4WDはハイパワーが当たり...

続きを読む...

有名ジーンズとシート2メーカーがコラボ!デニム地のバケットシート誕生

ジーンズメーカー「ベティスミス」とのコラボ第2弾 スポーツシートメーカーの「BRIDE(ブリッド)」は、インテックス大阪にて開催された「大阪オートメッセ2019」で、商品展示や試座を行なった。今回紹介されていたシートのな...

続きを読む...

最高出力は912HP!! ドリフト界のカリスマが手がけたモンスター・ピックアップトラック

FORD F150改の足元を支えるのはトーヨータイヤの極太サイズだった2019年1月1日付で、「東洋ゴム工業株式会社」から「TOYO TIRE株式会社」に社名変更をしたトーヨータイヤ。意外かもしれないが、社名に「TIRE...

続きを読む...

似て非なるBMWの高性能「Mモデル」と「アルピナ」の違いとは

BMWの高性能モデルといえば「BMW M社」の『M3』や『M4』といった特別なエンジンを搭載した『Mモデル』。「アルピナ」もBMW車のエンジンなどをチューニングしたハイパフォーマンスモデル。どちらも正規ディーラーで販売さ...

続きを読む...

チームタイサン 「電気自動車のレース」で記念すべき通算80勝目を獲得

1時間耐久レースで総合1位で優勝!チームメイトもクラス1位を獲得晴天に恵まれた2018年11月3日の文化の日、茨城県の筑波サーキット・コース1000にて、今回で24回目となる電気自動車の祭典「日本EVフェスティバル」が開...

続きを読む...

初心者向け!! サーキット走行を楽しむなら こんな車種がオススメ

タイムを出すよりも走りを楽しむ、ライトウエイトスポーツカーでキマリ!これからサーキットでスポーツ走行にチャレンジしたいと思っている人にとっては、どんなクルマが走りを楽しむのに”ちょうどイイ”のか知りたいところ。ここでは初.…

続きを読む...

クルマの駆動方式「FF・FR・MRってナニがちがうの?」

ファミリーカーは前輪駆動が多いのはなぜ?駆動方式で変わるメリット&デメリットクルマには、FF、FR、MR、RR、4WD、と大きく分けて5つの駆動方式が存在します。それらはエンジンの搭載位置と駆動輪を表す、言わば略語。では...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  6. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...