「タグ: エンジン」の記事一覧

伝説のエンジンがバラバラに! スバルの名機「EJ20」解体ショーが大人気の理由【大阪オートメッセ2020】

水平対向エンジン特有の構造やメンテ法も公開 2019年、ファンに惜しまれつつも製造が中止されたSUBARU(スバル)の「EJ20」型水平対向4気筒エンジン。その伝説の名機をなんと惜しげもなく分解してしまう「「EJ20エン...

続きを読む...

愛車でサーキット走行を楽しむための事前整備は? プロに聞いてみたリスク軽減メンテ

スポーツ走行に応じた事前のメンテナンス「来週は久しぶりのサーキット走行。とくにメンテナンスはしていないけど、愛車にはこれといった問題はないし、相変わらず絶好調。それでもサーキット走行の前には、メンテが必要なのか?」 サ…

続きを読む...

エンジンオイルのマメ知識4つ! 正しい種類や粘度の選び方、交換サイクルを知る

正しく選んでエンジンを守ろう ハイブリッドカーであろうと、スポーツカーだろうと、はたまた軽自動車でも内燃機関を積んでいるクルマにおいてエンジンオイルの交換というのはメンテナンスの基本。いまどきは12か月点検ごと(つまり年.…

続きを読む...

室内スペース確保に有利な前輪駆動ではなく、 高級車に後輪駆動(FR)が多いワケ

無駄で贅沢なことこそ美学 日本を代表する高級セダンのトヨタ・クラウンをはじめ、ドイツのプレミアムブランドであるBMWやメルセデス・ベンツの主要モデル、さらにはイギリスのロールスロイスやアメリカのキャデラックなど、国を問わ...

続きを読む...

限定35個! 初代マツダRX-7搭載のロータリーエンジンを1/6スケールで堪能する

買い得感を高めた精密エンジンモデル クルマの機械的な魅力というのは、エンジンに集約される。クルマ好きにとって、高性能かつメカニカルで美しいエンジンを眺めるのは至福のひと時。そうした真性のクルマ好きから高く評価されている…

続きを読む...

モーターは低回転から最大トルクを発生!それでも電動車が暴走しない理由とは

モーターに流す電気量でモーター出力を制御 東京・池袋でハイブリッドカーが起こした痛ましい事故などをきっかけに、電動車を危険視する記事もあるようだ。そこではモーターに電気が流れたときから最大トルクを発生するという特性を指…

続きを読む...

【海外試乗】なぜ日本で販売しない? マツダ・ロードスター最強2リッター仕様の骨太な走り味

軽快感の代わりに速さと扱いやすさを両立 日本において、マツダ・ロードスターのソフトトップ仕様のエンジン排気量といえば1.5リッターだ。しかし、海外に目を向けてみるとよりパワフルな2リッターエンジンを積んだモデルも存在する...

続きを読む...

1 / 4123...»