「クラウン」の記事一覧

「クラウン」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「ケンメリ」「ポルシェ」「シルビア」まで! かつて存在した「変わり種」パトカー5選

日本のパトカーといえば「白黒パンダ」 日本のパトロールカー(パトカー)といえば、覆面パトカー以外では白と黒のカラーリングに塗られており、その色合いから、「パンダ」と呼ばれることもある。1955年にこの塗り分けになって以来...

続きを読む...

「遊撃手」「かっとび」「タコツー」! 強烈な印象を残した「キャッチコピー」をもつ80年代のクルマ12選

CMやキャッチコピーから得た愛称 1980年代を中心として、クルマというのは身近な存在だったり、憧れだったり。いずれにしても特別なものだったのは確かだ。そうなると、付けられるのが愛称で、あだな的にみんなが使うものから、そ...

続きを読む...

バブルの申し子「13クラウン」が30年落ちなのに高い! 人気の秘密とは

押し出し感あふれるスタイリングと豪華な装備で人気を博す 1980年代後半、バブル景気真っ只中のこの時代はとにかく活気があった。自動車メーカーも当時は勢いがあり、数多くの名車を世に贈り出した。特に高級セダンはコストカットを...

続きを読む...

クルマの色は「白か黒が高く売れる」はもう古い! 最新の中古車ボディカラー事情とは 

クルマの色は中古車市場でどう判断されているのか 中古車の販売店によると「中古車を選ぶ時、ボディカラーにこだわるお客様は多い。アンケートを取ると、約60%がボディカラーを気にする。年式や外観のキズと同じくらい、購入に影響を.…

続きを読む...

作ったトヨタはエライ! 改めて見ると偉大すぎる「初代クラウン」の衝撃

トヨタの方針だった国産技術で構築 トヨタの最上級車種であるクラウンが誕生したのは、いまから65年前の1955年(昭和30年)である。ちなみに現行のクラウンは15代目にあたる。 初代クラウンは、正式名を「トヨペット・クラウ...

続きを読む...

トヨタ・クラウン誕生65周年 アニバーサリーモデル登場

一部改良でナビとスマホの連携追加や内装の上質感が向上 トヨタは4月27日、クラウンに一部改良を施すとともに、初代のデビューから65周年となったことを記念する特別仕様車などを設定し、同日より発売を開始した。 なお、特別仕様...

続きを読む...

オラオラ顔ならぬ「オラオラ尻」が急増! 近寄り難いオーラを放つ強烈バックシャン車

あおり運転厳禁なパンチ力を持つ5台 近ごろのクルマはいわゆる「怒り顔」が多い。細く吊り上がったヘッドライトに、大きく押し出し感のあるフロントグリル。空力性能を高めるためかバンパーも立体的で、とにかくイカツいのだ。ミニバ…

続きを読む...

なぜ、売れなくなった? セダンからスポーツカーまで、30年で変わった車種ジャンルの栄枯盛衰

平成はスポーツカーや高級セダンが百花繚乱 令和も2年に入ったが、中高年齢層のクルマ好きにとって、最も思い出深い時代といえば”平成元年から平成2年”だろう。西暦なら1989年から1990年であり、日...

続きを読む...

1 / 912345...»