「タグ: スカイライン」の記事一覧

ポン付けで日産スカイラインGT-Rの低速トルクがアップするサージタンク登場!

純正の6連スロットルが使える! 第2世代GT-Rと言われる日産R32型/R33型/R34型スカイラインGT-Rの人気はまだまだ衰えを知らない。そしてR32型スカイラインGT-Rが誕生して30年となる今でも、新しいパーツが...

続きを読む...

快適さと便利さは譲れない!オリジナルパーツにこだわらない旧車レストア術とは

王道のレストア方法とは真反対のアプローチ インテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019にて、オリジナルを忠実に再現する旧車レストアの王道に対し、まったく違う方向からアプローチする3台のスカイラインを発見した。カス...

続きを読む...

クルマ好き必見のモバイルバッテリー「車型スマホ充電器・日産スカイラインGT-R R34 NISMO Z-tune」

東京オートサロンでは200個が即完売これがモバイルバッテリー? と思うような作り込みがされたアイテムが登場した。「フェイス」からミニカーのような作り込みがされた自動車型モバイルバッテリー「日産スカイラインGT-R R34...

続きを読む...

日産スカイラインGT-Rは未だ現役!新作エンジン系パーツをHKSが続々発表

GT-R生誕50周年を記念してリリース開始「HKSは(日産の)GT-Rで育ってきたようなもの」と説明員が語ってくれたHKS。東京オートサロンのブースには、かつて谷田部(日本自動車研究所)などで多くの記録を樹立した、R33...

続きを読む...

旧車のエンジン始動はまさに儀式!「チョーク」の使い方にはコツが必要だった

チョークレバーの調整だけはなくアクセルとのコンビネーションが必要現代ののクルマはエンジンへの燃料供給に電子制御燃料噴射装置を使っている。それゆえスタートボタンを「ポンッ!」と押せば、いとも簡単にエンジンを始動することが…

続きを読む...

【問題】車検をパスできない可能性があるのは、どこでしょう?

リヤワイパーレス仕様にしたときはモーターの軸も取り外さないと危険写真の中に、検査場によっては車検をパスできない可能性がある部分が1カ所あります。それはリヤワイパーです。とはいってもワイパーを外すこと自体は違法ではありませ…

続きを読む...

1 / 10123...10...»

ウィークリーランキング

  1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  2. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  3. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  4. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  5. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

    独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

  6. 大阪オートメッセ2019・キャンギャル速報 その1「麗しの女の子たちを狙い撃ち!」

    恒例のキャンギャル画像ギャラリー・第1弾  関西最大級の規模を誇る自動...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  9. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  10. ミニバンなのに2列シート!広大な自由空間の使い方を提案

    3列目シートのスペースまでラゲッジに  モデリスタは、2月11日までイ...