「スカイライン」の記事一覧

「スカイライン」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    「初代プレーリー」に「ヨタハチ」! 伝説の名エンジニアが手がけた「ちょっと意外なクルマ」6選

    伝説の男達が手がけた「傍流」のクルマを振り返る クルマの開発には総責任者がいて、陣頭指揮を取って作られていく。映画に例えれば監督で、歴史を振り返ってみると、名車を作り上げた伝説的な開発者はいて、現在にも名を残している。…

    続きを読む...

    あまりに行きすぎた「GT-R部品価格」高騰の闇! 騙されたくない人に伝えたい真実

    第2世代GT-Rの中古車が人気! その光と闇 今なお高い人気を誇る日産スカイラインGT-R。特に第2世代GT-Rは中古車価格が高騰し、注目を浴びている。だが、人気の影で純正部品の価格も上がっており、その結果「逆コンプリー...

    続きを読む...

    GT-R好きが高じて日本語習得! オーストラリア人を「虜」にしたR34の魔力

    海外流出したGT-Rは幸せに暮らしているのか?アメリカの法律で「生産から25年経過したクルマはクラシックカーもしくは骨董品として扱われ輸入が解禁される」いわゆる『25年ルール』もあり、海外にGT-Rが流出している。かなり...

    続きを読む...

    中古価格高騰は「GT-R」だけじゃなかった! じつはスゴイ「GTS-t タイプM」の人気と実力

    直列6気筒ターボのFRスポーツ 1980年代後半から90年代までの日産黄金期を象徴するクルマ、R32〜R34スカイライン。この世代のスカイラインを振り返るとどうしてもGT-Rにスポットライトが当たりがちだが、純粋なFRス...

    続きを読む...

    中古4000万円の激レア車も! どれもが圧倒的な名車の「第2世代GT-R」のコンプリートカー6選

    走りだけでなく中古車価格も別格のモデルたち アメリカのクラッシックカー登録制度である通称「25年ルール」の仲間入りを果たしたことや、ゲームソフト「プレイステーション」の普及により、日本独自のドメスティックカーから世界に知.…

    続きを読む...

    幻に終わった「ロータリー軍団」との勝負! レースで闘うことさえできなかった「悲運の名車」ケンメリGT-R

    歴代スカイラインで唯一、サーキットで戦うことができなかったケンメリGT-R 1964年に鈴鹿サーキットで開催された第2回日本グランプリにおいて、ポルシェ904を相手に健闘、一時はトップに立って見せたことで、モータースポー...

    続きを読む...

    「赤バッジ」「ニューマン」「鉄仮面」愛称こそが名車の証だった! 伝説のスカイライン7台+α

    愛称で呼ばれるほど人気だったスカイライン スカイラインと言えば、日産伝統のGT、そしてスポーツセダンというのは異論がないだろう。歴代、長きに亘ってクルマ好きに愛されてきたが、それだけに愛称も多く付けられた。スカイラインそ.…

    続きを読む...

    アラフォーが「クルマ好き」なのも納得! 80年代の「国産クーペ」が軒並みカッコ良すぎる

    流麗なボディとパワフルなエンジンを併せ持った80年代のスポーツクーペ 強化された排気ガス規制への対応から“不遇”な1970年代を過ごしたクルマたちは、それが一段落した80年代に入ると、再びハイパワーを追求するようになりま...

    続きを読む...

    1 / 1812345...»