「タグ: スカイライン」の記事一覧

旧車のエンジンを快調にする『レーシングスロットルボディ』

インジェクター化によって最適な燃料噴射 気温や湿度が変化しても安定燃焼を実現 旧車のエンジンをキャブレターからインジェクションに変更できる『レーシングスロットルボディ』を燃料系パーツを製作する「ミクニ」が東京モーターショ.…

続きを読む...

ニッサン・スカイライン歴代11モデルの軌跡 〜日産ヘリテージコレクション〜

スカイラインのすべてがわかる 初代からR32まで完全網羅 約300台もの車両展示にくわえ、日産の歴史を目の当たりにすることができる「日産ヘリテージコレクション」が、座間事業所内において開設されている。 ここには、古くは1...

続きを読む...

「+5500円」でできるボディ剛性アップ!ガラス用接着剤「ハマタイト」施工をメニュー化

一般的なガラス脱着工賃に+5500円 R32用オリジナルモールも1万円で用意 「横浜ゴム」の『ハマタイト・ハイパーシーラント』は、フロントやリヤのガラスとボディの密着を高めることで、ガラスの強度を利用してボディ剛性をアッ...

続きを読む...

ファン必見!!「スカイライン誕生60周年記念オリジナルグッズコレクション」

60万円の純金プレートまで すべて期間限定での販売!! 1957年にプリンス自動車から初代モデルが誕生。1966年には日産自動車と合併後も今なお13代の歴史を築いてきた日本の名車「スカイライン」。2017年の今年はスカイ...

続きを読む...

46万kmスカイラインGT-R・長く乗り続けるための401馬力仕様【BNR32不定期連載7】

HKSタービン仕様としては控えめなパワー 長く乗るためにエンジンの負荷を軽減 ワンオーナーで46万kmを走行した平成3年式日産R32型スカイラインGT-R。 クルマの寿命が延びたとはいえ、自家用車で46万kmを走行した個...

続きを読む...

スカイラインファンが「V35型」以降を別モノという理由とは

ファンの間では「別物」と認知される2台 その真実をスカイラインの開発者が語る 現在、トヨタ・クラウンに続き、日本で二番目に古い自動車ブランドであり、日本一熱狂的なファンを抱える日産スカイライン。 開発者の顔が見え、常に日...

続きを読む...

46万kmスカイラインGT-R・ボディのヤレと錆との闘い【BNR32不定期連載6】

経年劣化したボディに スポット増しと錆対策を敢行 クルマの買い換えサイクルが伸びているとはいえ、営業車ではなく自家用車で46万kmを走行している個体は希といえるだろう。しかも、それが日産R32型スカイラインGT-Rとなれ...

続きを読む...

1 / 4123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON

ウィークリーランキング