「スカイライン」の記事一覧

「スカイライン」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「赤バッジ」「ニューマン」「鉄仮面」愛称こそが名車の証だった! 伝説のスカイライン7台+α

愛称で呼ばれるほど人気だったスカイライン スカイラインと言えば、日産伝統のGT、そしてスポーツセダンというのは異論がないだろう。歴代、長きに亘ってクルマ好きに愛されてきたが、それだけに愛称も多く付けられた。スカイラインそ.…

続きを読む...

アラフォーが「クルマ好き」なのも納得! 80年代の「国産クーペ」が軒並みカッコ良すぎる

流麗なボディとパワフルなエンジンを併せ持った80年代のスポーツクーペ 強化された排気ガス規制への対応から“不遇”な1970年代を過ごしたクルマたちは、それが一段落した80年代に入ると、再びハイパワーを追求するようになりま...

続きを読む...

「ハコスカGT-R」を手軽にコレクション入りさせられる! 塗装も接着剤も不要のプラモデルがアオシマから登場

プロポーション抜群のハコスカが登場! ホビーメーカーの青島文化教材社から「1/32スケール ニッサンスカイライン2000GT-R(KPGC10)」のプラモデルが2020年8月末に発売される。 塗装不要/接着剤不要/お手頃...

続きを読む...

ギヤチェンジ時の「プシュー音」は憧れだった! チューニングカーのお約束「ブローオフバルブ」が消えたワケ

さまざまな「音」がクルマの魅力だったあの頃 「ブゥオォン」「プシュー」「ヒュルルル」…etc。思えば昔のクルマはさまざまな音を発していた。たとえば信号待ちでボボボ…と低音を響かせていたスポーツカーが、発進から「ブゥオオ」...

続きを読む...

新車価格の5倍6倍はザラ! 約50年も経った初代スカイラインGT-Rの中古が超高額なワケ

人気、知名度、ともに群を抜く旧車界の王様 依然衰えぬ旧車人気。なかでも高嶺の花となっているのが通称「ハコスカ」、3代目スカイラインのC10系だ。もう少し正確に言えば人気の争点はGC10系、つまり2000GTシリーズで、程...

続きを読む...

    モデラー長年の不満が遂に解消? 「ケンメリ」「ブタケツローレル」1/24プラモデルを刷新【AOSHIMA】

    ケンメリはグリルと前後バンパーを新調 ブタケツは前期グリルを追加 青島文化教材社の「ザ★モデルカー」といえば軽自動車から高級車、スーパースポーツカーまで網羅する、同社の代表的な1/24スケールのカーモデルシリーズ。 その...

    続きを読む...

    昭和の自動車カタログで振り返る! 懐かしのCMキャラクターたち

    注目度を高めるために有名人を積極起用 なに気なく目にしている自動車のCMだが、振り返ってみるといろいろな人物がキャラクターとして起用されていることに気づく。どんな人がいたのか紹介してみようと考え、過去のカタログを探してみ.…

    続きを読む...

    なぜ、売れなくなった? セダンからスポーツカーまで、30年で変わった車種ジャンルの栄枯盛衰

    平成はスポーツカーや高級セダンが百花繚乱 令和も2年に入ったが、中高年齢層のクルマ好きにとって、最も思い出深い時代といえば”平成元年から平成2年”だろう。西暦なら1989年から1990年であり、日...

    続きを読む...

    1 / 1812345...»