「タグ: ステアリング」の記事一覧

クルマ好きなら誰もが変えた! ステアリング交換の今と昔の違い

名だたる欧州ブランドの存在 1990年代までの自動車カスタムで、初めの一歩といえるのがステアリング交換。スポーツカーもセダンもRVも軽自動車も、こぞって社外品を愛用する時代だった。そこで、一斉を風靡した人気メーカーやモデ...

続きを読む...

    洗車や駐車状態でクルマを傷めることも! クルマを長持ちさせるポイント5つ

    少しの工夫でクルマを美しく長持ちさせることも 自動車の寿命は平均で考えると10年/10万キロ(1年1万キロ)と言われている。少しでも愛車を長く乗ることはエコにもつながるし、クルマはもちろん財布の負担も減る。そこで今回は長...

    続きを読む...

    マツダ「G-ベクタリングコントロール」はディーラーで体感できる新発想の制御技術だった

    交差点を曲がるだけで実感できるドライビングアシスト機能 ロードスターを除いた、ほとんどのマツダ車には「G-ベクタリング コントロール」という機能が備わっている。さらに、SUVの上級モデル「CX-5」と「CX-8」では「G...

    続きを読む...

    走るのが楽しくなる「ステアリング&遮光性アップアイテム」で車内は快適に♪

    ハイエースの高級感をアップさせて、夏場の強烈な日差しをカットしちゃおう!エクステリアアイテムを得意とする「ダズフェローズ」から、トヨタ・ハイエースのインテリアをグレードアップさせるアイテムが発売された。高い操作性とワン…

    続きを読む...

    1.5万円で実現できる「ステアリング補修」の救世主、ルックス向上も可能に

    ウレタンハンドルの質感アップにも最適!DIYでリーズナブルに施工できるステアリングやシフトノブは、クルマを動かすたびに触れるパーツだけに劣化が早い。 革がテカってしまったり、ネバつきによって手触りまでが損なわれてしまうこ...

    続きを読む...

    R32型スカイラインGT-Rへ、純正テイストのままスポーティに楽しめるステアリング

    補修にも操作性にも効く、至極の1本。さらに進化した限定モデルをチェック!R32型スカイラインGT-Rの生産終了から24年。近年では海外での注目度も上がっており、中古車市場ではあり得ないほどの高値がついている。そんなR32...

    続きを読む...

    1 / 3123

    ウィークリーランキング

    1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

      アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

    2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

      ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

    3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

      中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

    4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

      エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

    5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

      規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

    6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

      50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

    7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

      現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

    8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

      70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

    9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

      低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

    10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

      熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...