「スバル360」の記事一覧

「スバル360」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

名車「スバル360」の影に隠れがち! 優等生だけどちょっぴり地味だった「R-2」はスゴかった

この記事をまとめると 自動車メーカーとしてのSUBARUの歴史で欠かせない「R-2」 大ヒット作となった「スバル360」のユーザー市場を引き継いだ優れた軽自動車 「R-2」にはデザイン、性能ともに、個性的なものが盛り込まれていた

続きを読む...

「一回目の東京五輪」時代って本当に良かったの? 1964年に売れていたクルマ5選

高度成長期に売れていたクルマとは? 無観客での開催となった点をはじめ、国民の歓迎度などには大きな疑問も感じるが、何はともあれ日本では1964年以来57年振り2回目の夏季オリンピックとなる東京オリンピック2020が開幕した...

続きを読む...

「ジムニー」「シャンテ」「フロンテクーペ」!  我が青春の「2スト」国産名車4選

軽量ボディをトルクで引っ張る! 走り甲斐があった2スト車 4ストロークと比べ構造的にトルクフルな特性で、小排気量のクルマに多く採用された2ストロークのエンジン。排ガスの清浄化が難しく現在は姿を消してしまったが、絶大な人気.…

続きを読む...

    「初代プレーリー」に「ヨタハチ」! 伝説の名エンジニアが手がけた「ちょっと意外なクルマ」6選

    伝説の男達が手がけた「傍流」のクルマを振り返る クルマの開発には総責任者がいて、陣頭指揮を取って作られていく。映画に例えれば監督で、歴史を振り返ってみると、名車を作り上げた伝説的な開発者はいて、現在にも名を残している。…

    続きを読む...

    車重400kg未満! 価格50万円未満! 究極の愛され「国民車」スバル360が技術の塊だった

    低価格でありながら高性能だった日本の軽自動車 スバル360は、時代を超え、またメーカーを超えて語り継がれる軽自動車ではないだろうか。 トヨタからトヨペットクラウンが1955年に発売され、純国産の乗用車として名を残し、今日...

    続きを読む...

    「農道のポルシェ」「てんとう虫」「軽初のCVT&フルタイム4WD」! 圧倒的な個性を放つスバルの軽自動車5選

    「ヴィヴィオ」「REX」「サンバー(旧車?)」スバルの軽自動車が独自かつ魅力的 2008年4月の自社開発からの撤退を発表し、2012年3月のサンバー生産終了をもって歴史に終止符を打ったスバル生産の軽自動車。得意分野を伸ば...

    続きを読む...

    リアに2ストロークエンジンを搭載!ニッポンの軽自動車が求めた性能とは

    エンジンの大変革を経た軽自動車 税金、保険、ランニングコストと維持費が安く、車体サイズもコンパクトであることから、軽自動車は日本独自の車両規格として多くの人に重宝がられ、親しまれてきた。現代の主流は、660ccのエンジン...

    続きを読む...

    1 / 212