「タグ: ドリフト」の記事一覧

最高出力は912HP!! ドリフト界のカリスマが手がけたモンスター・ピックアップトラック

FORD F150改の足元を支えるのはトーヨータイヤの極太サイズだった2019年1月1日付で、「東洋ゴム工業株式会社」から「TOYO TIRE株式会社」に社名変更をしたトーヨータイヤ。意外かもしれないが、社名に「TIRE...

続きを読む...

サーキットによってもいろいろ?「走行会にライセンス不要なワケ」

主催者によって異なる全国の主なサーキットでスポーツ走行に参加する場合は、そのサーキット独自のサーキットライセンスを取得するのが原則だ。JAFが発給しているA級ライセンスやB級ライセンスは、競技に出場するためのライセンスな...

続きを読む...

ドリフトの世界一決定戦がお台場で開催!惜しくも日本人は表彰台ならず

世界40カ国以上の頂点を決めるFIA公認のドリフトイベント世界のモータースポーツ管理機関として、F1、WRC、WEC、WTCCといった世界選手権大会を認可しているFIA(国際自動車連盟)のドリフトイベント「FIAインター...

続きを読む...

SUPER GTドライバー「松田次生」が愛車でドリフト競技を走行

自らドリフトを体験してドライバー目線で土屋圭市とともにドリフトキングダムを審査11月3〜4日の栃木県・日光サーキットで、ドリフトイベント「ドリフトキングダム」最終戦が行われた。2011年にスタートし6年にわたって開催され...

続きを読む...

ドリフト「ワールドシリーズ」へと繋がる壮大なプランを発表

「インターコンチネンタルドリフティングカップ」11月4日にドリフトの世界一決定戦を開催ニッポンから生まれたモータースポーツ「ドリフト」。さかのぼれば、プロドリフト競技としてD1グランプリが誕生したのは2000年のこと。早...

続きを読む...

暴走行為からモータースポーツへ、いま再び盛り上がりをみせるドリフトの魅力

タイムよりも走る美しさを競うイマドキのドリフトシーンを検証ドリフトと聞くと、いまだに”アウトロー的”なものを想像する方がいるかもしれないが、それも遠い昔のハナシ。峠やふ頭といったストリートドリフト...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  2. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  3. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  4. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  5. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  6. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  7. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  8. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  9. クルマ盗難の新手口「リレーアタック対策グッズをテスト」

    アルミホイルから専用ポーチまで徹底比較  クルマのドアノブに手を触れる...

  10. CR-XにインテRのエンジンを搭載したモンスターマシン

    アメリカの定番チューン「エンジンスワップ」 国産車にも対応したパーツが...