「タグ: ドリフト」の記事一覧

スバルインプレッサWRC仕様やトヨタ新型スープラのドリフトマシンがお台場に登場!

ファンを魅了した走行シーン F1マシンから軽自動車ワンメイクマシンまで身近に見られるモータースポーツジャパン2019が東京・お台場特設会場で行われた。展示だけではなく現役ドライバーがマシンのドライブで、迫力の走行を近くで...

続きを読む...

トヨタ新型「GRスープラ」ドリフト仕様を公開! 斎藤太吾がマシンの手応えを語る

3.4リッターの800psを発揮するモンスターへ モンスターエナジーがサポートするドリフトドライバー斎藤太吾は、トヨタの新型「GRスープラ」でD1グランプリに参戦することを発表した。 新型スープラといえば、TOYOTA ...

続きを読む...

最高出力は912HP!! ドリフト界のカリスマが手がけたモンスター・ピックアップトラック

FORD F150改の足元を支えるのはトーヨータイヤの極太サイズだった2019年1月1日付で、「東洋ゴム工業株式会社」から「TOYO TIRE株式会社」に社名変更をしたトーヨータイヤ。意外かもしれないが、社名に「TIRE...

続きを読む...

サーキットによってもいろいろ?「走行会にライセンス不要なワケ」

主催者によって異なる全国の主なサーキットでスポーツ走行に参加する場合は、そのサーキット独自のサーキットライセンスを取得するのが原則だ。JAFが発給しているA級ライセンスやB級ライセンスは、競技に出場するためのライセンスな...

続きを読む...

ドリフトの世界一決定戦がお台場で開催!惜しくも日本人は表彰台ならず

世界40カ国以上の頂点を決めるFIA公認のドリフトイベント世界のモータースポーツ管理機関として、F1、WRC、WEC、WTCCといった世界選手権大会を認可しているFIA(国際自動車連盟)のドリフトイベント「FIAインター...

続きを読む...

SUPER GTドライバー「松田次生」が愛車でドリフト競技を走行

自らドリフトを体験してドライバー目線で土屋圭市とともにドリフトキングダムを審査11月3〜4日の栃木県・日光サーキットで、ドリフトイベント「ドリフトキングダム」最終戦が行われた。2011年にスタートし6年にわたって開催され...

続きを読む...

ドリフト「ワールドシリーズ」へと繋がる壮大なプランを発表

「インターコンチネンタルドリフティングカップ」11月4日にドリフトの世界一決定戦を開催ニッポンから生まれたモータースポーツ「ドリフト」。さかのぼれば、プロドリフト競技としてD1グランプリが誕生したのは2000年のこと。早...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...