クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • なぜ「SUPER GT」選手が「フォーミュラドリフトジャパン」に初参戦? 練習用トヨタ「チェイサー」を手に入れる大嶋和也選手の本気度とは
SPORT
share:

なぜ「SUPER GT」選手が「フォーミュラドリフトジャパン」に初参戦? 練習用トヨタ「チェイサー」を手に入れる大嶋和也選手の本気度とは

投稿日:

TEXT: 西川昇吾(NISHIKAWA Shogo)  PHOTO: 西川昇吾(NISHIKAWA Shogo)

  • フォーミュラドリフトジャパン2024に GOODRIDE MOTORSPORTSから大嶋和也選手が参戦
  • 2024年4月6日~7日のFDJ開幕戦にてGRカローラで走った
  • 昨年末あたりからスケジュールやマシンの完成など、ひとつひとつの歯車が徐々にかみ合って、今回の参戦に至った
  • この日が6回目のドリフト走行
  • 予選本番では2本ともミスをしてしまい、予選通過とはならなかった
  • 大嶋選手にドリフトの楽しさを目覚めさせることになった張本人とも言えるモリゾウ氏も応援に駆けつけていた
  • モリゾウ氏もドリフトマシンに興味津々の様子だった
  • スーパーGTやスーパーフォーミュラに参戦中の大嶋和也選手
  • 2024年4月6日~7日のFDJ開幕戦にてGRカローラで走った

スーパーGTやスーパーフォーミュラに参戦中の大嶋和也選手がドリフト競技にもチャレンジ

2024年4月6日~7日に開幕した2024シーズンのフォーミュラドリフトジャパン。近年話題の選手が多いこのモータースポーツに、新たに他のカテゴリーから参戦した選手がいました。それはSUPER GTやスーパーフォーミュラを戦う大嶋和也選手。日本トップドライバーのひとりである彼がなぜドリフト競技にチャレンジしたのか? その経緯を聞いてみました。

ドリフト開眼のきっかけはモリゾウ氏! さまざまな歯車がかみ合った

SUPER GTの2024年シーズンではGT500クラスで14号車「ENEOS X PRIME GR Supra」に乗る大嶋和也選手。今回、フォーミュラドリフトジャパンに参戦を決めた背景を聞くと、もともとドリフトに興味があり、今回参戦したチームGOODRIDE MOTORSPORTSの代表とも知り合いであったという。そんな縁があったので、お互いに「機会があればな……」といった具合だったそうだが、昨年末あたりからスケジュールやマシンの完成など、ひとつひとつの歯車が徐々にかみ合って、今回の参戦に至ったのだった。

さまざまなことがここ3カ月程度でどんどん決まり、短い準備期間しか許されなかったことを考えると、感動的なところまでこれたとチーム関係者は語る。

ドリフトへの興味に目覚めたきっかけのひとつが、GRモデルでの開発テストだ。近年は市販のGRモデルなどを中心に、量産モデルの開発ドライバーも務めている大嶋選手。その開発の過程で、低ミュー路での走行を通してスライドコントロールの楽しさに目覚めたそうだ。

フォーミュラドリフトジャパン2024開幕戦の当日は、大嶋選手にドリフトの楽しさを目覚めさせることになった張本人とも言えるモリゾウ氏も応援に駆けつけていた。モリゾウ氏もドリフトマシンに興味津々の様子であった。

今回フォーミュラドリフトジャパンという新しい競技カテゴリーに挑戦するにあたり、大嶋選手はモリゾウ氏にも相談したという。すると「なんでも挑戦してみたらいい!」とのエールをもらい、参戦への決意を固めたとのことだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS