クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • レクサス「IS F」でド迫力のドリフトを同乗体験できる! 4月開幕の「フォーミュラドリフトジャパン」は新イベントも要チェックです
SPORT
share:

レクサス「IS F」でド迫力のドリフトを同乗体験できる! 4月開幕の「フォーミュラドリフトジャパン」は新イベントも要チェックです

投稿日:

TEXT: 小鮒康一(KOBUNA Koichi)  PHOTO: 雪岡直樹(YUKIOKA Naoki)

  • FDJの2024年シーズンで「ドリフトライド・カー」として活躍予定の2台のレクサスIS F
  • IS Fの左ハンドル仕様をベースとしたドリフトマシン
  • RS-R製のサスペンションを組み込んでいる
  • LSDはクスコ製を装着
  • 風間オートサービスからリリースされているエアロブランド、LUXORのレクサスIS用エアロをまとっている
  • この車両はドリフト走行のデモンストレーションで使用されるほか、ドリフトタクシーとしての運用も予定
  • 大会開催日の昼休みなどに大会のコースを走行するようなサービスも検討中とのことだ
  • 車内にはBRIDE製のフルバケットシート
  • BRIDE製フルバケットシートはリアにも2脚装着される
  • 大阪オートメッセ2024に出展したフォーミュラドリフトジャパンのブース
  • フォーミュラドリフトジャパン2024年シーズンのスケジュール
  • BRIDE製フルバケットシートはリアにも2脚装着される
  • FDJ開幕戦決勝の4月7日(日)には「Fuji Xtreme Day With FORMULA DRIFT JAPAN」という新イベントも同時開催

2台のIS Fが「ドリフトライド・カー」として導入

2004年にアメリカで発足したフォーミュラドリフトは、2014年からは日本でも「フォーミュラドリフトジャパン(FDJ)」がスタートし、高い人気を誇っています。そんなFDJが2024年シーズンから新たなファンサービスのひとつとして導入する「ドリフト・ライドカー」と名付けられた2台のレクサス「IS F」が、2024年2月10日~12日に開催された大阪オートメッセ(OAM)2024の会場でお披露目されました。

同乗体験用にリアにもBRIDEのフルバケットシートを装着

フォーミュラドリフトジャパンの2024年シーズンで「ドリフトライド・カー」として活躍予定のこのレクサスIS FはTOYOTA GAZOO Racingから提供を受けた車両。V型8気筒5.0Lのエンジンを搭載するIS Fの左ハンドル仕様をベースとしたドリフトマシンとなっており、パワートレインはノーマルながら純正の状態で423ps/505Nmのスペックを誇る。

そこにRS-R製のサスペンションやクスコ製のLSDを組み込み、風間オートサービスからリリースされているエアロブランド、LUXORのレクサスIS用エアロをまとってドリフトマシンへと変貌した。

車内にはBRIDE製のフルバケットシートをフロントだけでなくリアにも2脚の計4脚を装着し、どこに座ってもドリフト時に発生する横Gに耐えうるホールド性を実現している。

開幕戦決勝の4月7日には富士で新イベントも同時開催

この車両はドリフト走行のデモンストレーションで使用されるほか、ドリフトタクシーとしての運用も予定しており、なんと大会開催日の昼休みなどに大会のコースを走行するようなサービスも検討中とのこと。

その際は実際にFDJに参戦している現役ドライバーや、往年のレジェンドドライバーがステアリングを握る可能性もあるということで、会場に足を運んだ観客のなかから抽選でプロの華麗なドリフトテクニックを実際に体感できるようだ。

* * *

なお、2024年シーズンのFDJ開幕戦は4月6日(土)~7日(日)に富士スピードウェイで開催を予定している。決勝日の4月7日には「Fuji Xtreme Day With FORMULA DRIFT JAPAN」と銘打ってドリフトで1日まるごと「Xtreme」を体感できる新イベントを同時開催とのことなので、ドリフトを間近で体感してみたい人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■FORMULA DRIFT JAPAN公式ウェブサイト
https://formulad.jp

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS