「タグ: ハイエース」の記事一覧

リフトアップでハイエース人気が浮上? 注目度と実用性を両立するアゲSTYLE

イケてるアゲ系ハイエースから攻略ポイントを総チェック!!最近よく耳にする“アゲ系”や“ちょい上げ”といったスタイル。実用性もあって目立つと、気になっている人も多いハズ。そこでトヨタ・ハイエースの『アゲスタイル』をクローズ...

続きを読む...

C-HRやハイエースのリアゲートが自動開閉できる!? 純正にはないベンリ機能をプラス!

挟み込み防止やイージークローザー機能も。日産車、マツダ車、ホンダ車も開発予定!アルファードやヴェルファイアなど、トヨタの上級グレードに装備される”リアゲートの自動開閉機能”。 手動では重たいゲート...

続きを読む...

「クラフトプラス」が旧車チックにコーディネイトしたコンプリートモデル

ノスタルジックな雰囲気がハイエースをグッとオシャレにみせる!内装のコーディネイターである「クラフトプラス」。シートカバーやセンターコンソール、ベッドキットなど新たな素材などにチャレンジし、新風を吹き込んでいる。そんな「…

続きを読む...

懐かしさと新鮮さを醸し出す、’80〜’90年代VIP創世記セダン×3台【大阪オートメッセ2018】

当時ものパーツが満載の「Y31シーマ」に「131クラウン」、「10セルシオ」が競演高級セダンをドレスアップするのがご存じVIPカー。その創世記である80年代後半〜90年代初頭に活躍したクルマたちが、「大阪オートメッセ20...

続きを読む...

フルカスタムのデモカー4台は見所満載!注目のレガンスハイエース【大阪オートメッセ2018】 

ファインテックツアラーがさらにオシャレにエレガントに変身 「トヨタ車体」が作り上げる『ファインテックツアラー』に対応したインテリアパーツをフル装備したデモカーを「大阪オートメッセ2018」に持ち込んだ『レガンス...

続きを読む...

アウトドアで活躍! ハイエースでトレンド必至な上げ系カスタムが遊びを楽しくする

アウトドアで威力を発揮するハイエースちょい上げスタイルがカッコよく、ラゲッジ内にはベッドスペース。その下には遊びのギアが搭載できるトヨタ・ハイエースは、アウトドアにも欠かせないクルマとして注目を集める。今回のサンプルと…

続きを読む...

1 / 10123...10...»

ウィークリーランキング

  1. あの名車の落札価格は? 日本最大級のクラシックカーオークションが開催

    超希少モデルから古き良き国産車まで、 100名以上のビッダーが名車をか...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. キャンピングカー初心者に送る「購入時にチェックすべき5つのポイント」

    「何名で宿泊する? 駐車場に入るの?」 就寝時のスペースも考えて購入し...

  4. 普通免許でもOK!! 運転する楽しさと車中泊を両立するキャンピングトレーラー

    駐車スペースなどの費用は必要だが 運転する楽しさと機動性は失わない ...

  5. 20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

    日産の技術を育てたラリー参戦 日産のモータースポーツ活動というと、歴代...

  6. 車中泊時の「寝袋」選びは安眠と動きやすさが重要

    寝袋選びの基本は、寝袋ごとに設定される「快適睡眠温度」が使用時の気温にあ...

  7. 無法キャンパー増加で「車中泊ができなくなる!?」

    車中泊で守らなければいけない 7つのマナーとモラルを知る 大変です。...

  8. 「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

    レースで培ったターボ技術 サーキットは走る実験室だ 12月2日、静岡...

  9. この違和感が素敵やん! あえてのボロさで魅了する「ドレスダウン」が流行の兆し?

    "チープアップ"というオトコの遊びを提案 90'sインポートを無理なく...

  10. 運転や駐車場の心配ご無用「グッと身近になったキャンピングカー事情」

    軽カーやミニバン、ハイエースベースなど 用途にあわせて幅広い車種で楽し...