「タグ: ハイエース」の記事一覧

トヨタ「新型ハイエース」アイシン精機の新開発スライドドアモーターを採用

冠水地域を想定したシンプル構造 自動車用パワースライドドアシステムで世界トップシェアを誇るアイシン精機。同社は、2月18日にフィリピンで披露された新型のトヨタ「ハイエース」に、新開発のパワースライドアシステムが採用される...

続きを読む...

歴史がブランドをメジャーにする! ロングセラーな国産長寿車ランキング<後編>

日本社会の戦後復興を下ざさえし続けてきた 戦後経済復興を成し遂げてきた日本では、自動車産業が基幹産業です。国内で自動車が普及し始めてきた1950年代後半から現在まで、存在し続けてきた自動車のブランドには、日本社会の活性化...

続きを読む...

見通しの悪い交差点も安心!死角を映し出すトヨタ・ハイエース用エンブレムフロントカメラ

純正エンブレムと組み合わせて装着 自動車用電装系アイテムを多数リリースする「データシステム」から、トヨタ・ハイエース用『エンブレムフロントカメラキット』が登場した。純正エンブレムとカメラが一体化できるので、社外カメラに…

続きを読む...

トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

大幅に大型化したセミボンネットボディを採用 トヨタは、2月18日に、ハイエースの海外向け新シリーズをフィリピンで世界初披露。刷新された専用プラットフォームをベースに、快適性、安全性を大幅に向上させた。このクルマは、国内で...

続きを読む...

家具メーカーの老舗「カリモク」がキャンピングカー業界に参入  自然の安らぎを自動車へ

キャンピングカー製造の匠とコラボした、本木目とモケット生地による贅沢な演出 2月1日(金)〜3日(日)千葉県・幕張メッセで開催している「JAPAN CAMPINGCAR SHOW 2019」。軽自動車からバスコン、バンコ...

続きを読む...

ポン付けで良好なアクセルレスポンスを実現! ブリッツから純正置き換え式ターボ

新作は過給器からエアロパーツまで様々 純正交換タイプのハイフローターボチャージャーで、ブースト+αというチューニングプランをプッシュしているブリッツでは、千葉県幕張メッセで行われた東京オートサロン2019で新しい過給器を...

続きを読む...

オシャレで格好いい! カーAVメーカーが車中泊仕様の「トヨタ・ハイエース」を提案

他モデルでもカスタマイズを計画中 カーAVメーカー「アルパイン」が手がけるドレスアップパーツのブランドが「アルパインスタイル」だ。エアロパーツからマフラー、ホイールなどをオリジナルでラインアップしている。 1月11〜13...

続きを読む...

リフトアップでハイエース人気が浮上? 注目度と実用性を両立するアゲSTYLE

イケてるアゲ系ハイエースから攻略ポイントを総チェック!!最近よく耳にする“アゲ系”や“ちょい上げ”といったスタイル。実用性もあって目立つと、気になっている人も多いハズ。そこでトヨタ・ハイエースの『アゲスタイル』をクローズ...

続きを読む...

1 / 11123...10...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...