「ヘッドライト」の記事一覧

「ヘッドライト」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

人気旧車の「交換」は高額になることも! 悩ましきヘッドライトの「黄ばみ」対策とは

劣化が進むとヘッドライトの光量不足で車検不合格になる可能性も! 街中を走っていたり、買い物などで出かけた駐車場で、ヘッドライトが黄ばんでいるクルマを見かける機会は多いのではないだろうか。うっすら黄ばんでいるものもあれば…

続きを読む...

アウトドアが圧倒的に快適! ドレスアップ「じゃない」クルマの後付けランプが便利すぎた

プラスアルファで大活躍のLEDランプたち クルマをアウトドアに乗り出してキャンプやアウトドアレジャーを楽しむユーザーが増えている。そんな場合に通常のクルマの装備だけではちょっともの足りないケースが出てくる。 そのひとつが...

続きを読む...

ヘッドライトをイジるなら「HID」か「LED」か? 車検に通るカスタムの限界とは

ヘッドライトバルブ交換時に気を付けたいこと 視力が弱く、暗い夜道が苦手という人は結構多い。純正ヘッドライトがハロゲンバルブの車両では、HIDやLEDに比べて光量的にも見劣りするのでなおさらだ。そんな悩みを解消するには、ハ...

続きを読む...

細部まで最先端! 市販車とは段違いのモータースポーツ車両の「ライト」事情

最高光度と広く照らし出す2つがポイント クルマにとっては欠かせない装備のひとつのである灯火類。夜間走行時の安全性や快適性はヘッドライトやフォグランプの性能にかかっていると言っても過言ではないだろう。そんなライトの最先端を…

続きを読む...

「色」と「明るさ」がOKなのに車検不通過! 新たに加わったヘッドライトの「カットライン」とは

カットオフラインの出ていないヘッドライトは不合格の場合も ヘッドライトのカスタムといえば、バルブのLED化。ハロゲンランプの『いかにも電球色』という発色は時代遅れな感じがするし、何より暗くてナイトドライブが不安になってし...

続きを読む...

クルマ好きのディープすぎる趣味の世界! 「ステアリング」のオブジェ化が思った以上にオシャレだった

ステアリングはカスタム“三種の神器”のひとつ かつて昭和や平成初期の時代はクルマの電子制御化が今ほどには進んでなくて、少しでもメカニズムをかじったことがあれば、クルマのパーツを自分で交換することも少なからず見受けられまし.…

続きを読む...

サーキットの「名物」が消えた! 最近ヘッドライトの「テープ貼り」を見かけないワケ

昔のサーキットじゃ必ずやっていた 灯火類のテーピングが不要になった理由 サーキットを走る直前に行なうクルマの下準備。ゼッケンを貼りタイヤの空気圧をチェック……。ココまでは今も昔も変わらない。だが以前はお約束だった『灯火類.…

続きを読む...

樹脂製の悩み「黄ばみ・くすみ」が防げるのになぜ? 「ガラス製ヘッドライト」が消えたワケ

ガラスでは現在のようなデザインには対応不可 人形は顔が命です、なんていうCMがあったけど、クルマも同じ。顔つきというのは、そのクルマのキャラクターを決める重要なポイントだし、販売の好不調にもつながるといっても過言ではない.…

続きを読む...

1 / 712345...»