「タグ: ヘッドライト」の記事一覧

【その取り付け方は違反かも?】ドラレコからヘッドライトやカーテンまで、車検でアウトになる事例6つ

材質や固定方法に設けられた細かい規定 クルマを自分色にカスタムするのが、当たり前の趣味として定着した現在。しかし違法と合法の境界線が分からないモノも多く、じつは違法だった、なんてケースも少なくない。というワケで意外に知…

続きを読む...

対向車が来てもハイビームのままでOK! アダプティブヘッドライトってどんな仕組み?

夜間はハイビームで遠くまで照らすのが正義 もともとクルマのヘッドライトについては、ハイビームが基本だ。それは日本語での正式名称からも明らかで、ハイビームは「走行用前照灯」、ロービームは「すれ違い用前照灯」となっている。…

続きを読む...

「夜間走行はロービーム? ハイビーム?」 本当に正しいヘッドライトの使い方

歩行者が犠牲になる死亡事故は夜間に多発 「ヘッドライトはハイビームが基本」であるが、それに反対する意見も多い。しかし、それは果たして正しいのだろうか。じつは、可能な限りハイビームを使うのが正しいのである。 警察庁の統計…

続きを読む...

車検不合格の可能性も! ヘッドライトの黄ばみや曇りを解決する4つの方法

黄ばみ曇りの原因は樹脂の経年劣化 近年のクルマのヘッドライトは、プラスチック製レンズ(カバー)が一般的だが、経年劣化で黄ばみや曇りを発生している例が多い。もし、曇りが酷く、ヘッドライトの光量が足りなくなると車検をパスで…

続きを読む...

日本人が生んだ運転マナー、サンキューハザードや信号待ちのライト消灯は違反なのか

重んじるは礼儀か、ルールか ”信号待ちの際、ヘッドライトを点けたままにするか、消灯すべきか”、は意見の分かれる話題のひとつ。圧倒的に多いのは前者であり、結論からいえば「信号待ちでもヘッドライトは消...

続きを読む...

夜間走行はハイビームが基本? 警察の呼びかけを勘違いする交通トラブルが増加中

ヘッドライトの正しい使い方を意識する 最近気がつくのが、ハイビームのまま走行しているクルマが増えたということ。対向車線のクルマがハイビームのまま走られるとまぶしいどころではなく、目がくらんでしまう。さらに対向車のヘッド…

続きを読む...

「モデリスタ」がトヨタの次世代カスタマイズを予感させる3台を発表

LEDを巧みに使ったカスタマイズ「モデリスタ」は、東京オートサロン2019」で次世代のカスタマイズを予感させるオリジナルコンセプトカーを披露。株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントとして”TRD&...

続きを読む...

DIYに挑戦!! ヘッドライトの透明度を取り戻す3つの方法

磨く・溶かす・貼るの異なる手法で年末年始に愛車の目元をリフレッシュ かつてのヘッドライトのレンズカバーといえばガラス製でしたが、近年はポリカーボネートという素材が使用されており、この樹脂が劣化することで黄ばんでしまうの…

続きを読む...

1 / 6123...»