「タグ: ヘッドライト」の記事一覧

「モデリスタ」がトヨタの次世代カスタマイズを予感させる3台を発表

LEDを巧みに使ったカスタマイズ「モデリスタ」は、東京オートサロン2019」で次世代のカスタマイズを予感させるオリジナルコンセプトカーを披露。株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントとして”TRD&...

続きを読む...

DIYに挑戦!! ヘッドライトの透明度を取り戻す3つの方法

磨く・溶かす・貼るの異なる手法で年末年始に愛車の目元をリフレッシュ かつてのヘッドライトのレンズカバーといえばガラス製でしたが、近年はポリカーボネートという素材が使用されており、この樹脂が劣化することで黄ばんでしまうの…

続きを読む...

純正HIDからLEDへ「手軽な交換を可能としたヘッドライト専用バルブ」

弱点だった明るさを確保した省電力で高寿命なLEDバルブHIDは、高電圧が必要でヘッドライトの点灯・消灯を繰り返すのが苦手。LEDと比べて、寿命・消費電力・消灯時の立ち上がりの速さ(明るくなるまでの時間)が劣るとも言われ、...

続きを読む...

LEDバルブは明るさだけで選んではダメ!正確な配光と変化しない照度が重要

省電力で高い照度を実現するLEDバルブで信頼性を追求した「プレシャス・レイ」ハロゲンヘッドライト車のLEDライト化は、省電力で明るく、バルブ交換感覚でできる人気の灯火系アップグレードメニューだ。ところが、キチンと設計され...

続きを読む...

DIYに挑戦!! 「5年以上蓄積されたヘッドライトの汚れ」どこまで除去できる?

樹脂レンズの黄ばみはどこまで取れる?ナノメタル・ライティングクリアで実践!“樹脂製ヘッドライト車”オーナーの悩みが、このヘッドライトカバーに生じる黄ばみや白ボケといった”くすみR...

続きを読む...

巷で話題のアイテムで実践「古ぼけたヘッドライトは美しく蘇るのか?」

“削らず、溶かさず、キズつけない”「ペルシード」でどこまでキレイになる?洗車用品で知名度を上げる「ペルシード」が、新たな商品を発売したって言うので効果をチェックしてみた。その名も『ヘッドライトクリ...

続きを読む...

1 / 5123...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...