「ランサーエボリューション」の記事一覧

「ランサーエボリューション」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

古くなるほど価格が上がる! 待っても買い時がこない「超高値」国産スポーツカー5選

生産が中止になってから再評価されたモデル 画家のゴッホに作曲家のシューベルト、作家の宮沢賢治をはじめ、生前より死後の方が評価が高まった偉人は少なくない。クルマもしかりで、生産中よりも生産中止になってから、評価や人気が高…

続きを読む...

インプレッサとの「激熱バトル」もこれで終結! 究極のハイテク4WD戦闘機へと進化した「ランエボX」という怪物

無敵の速さを追求し続けた「ランエボ」最終章 1992年から2016年までの24年間、三菱自動車から販売され、WRC(世界ラリー選手権)などのモータースポーツでも活躍した「ランサー・エボリューション」シリーズ、通称ランエボ...

続きを読む...

物議を醸し出した「ブーレイ顔」に初の「AT」から「ワゴン」まで! 歴代最速を更新し続けた「ランエボ7〜9」とは

ATやワゴンモデルも導入されたランエボ第3世代 三菱のブランドから連想されるのは、古参のファンなら「ラリー」「4WD」「RV」であり、最近のファンなら「電動車」のイメージも入ってくるだろう。そのうち「ラリー」と「4WD」...

続きを読む...

超ハイテク化で無敵の「曲がる」4WDに! ラリーでも峠でも最強だった「ランエボ4〜6」とは

ランサー・エボリューション4〜6の第2世代を振り返る 1992年から2016年まで24年間販売され、三菱を代表をスポーツモデルであったランサーエボリューション、通称ランエボ。前回紹介した第1世代のCD9A/CE9A、初代...

続きを読む...

ハイテク武装で「峠」でも最強! 速さのみを追求した戦闘機「ランエボ1〜3」の衝撃

ランサー・エボリューション1〜3の第1世代を振り返る 三菱のブランドから連想されるのは、古参のファンなら「ラリー」「4WD」「RV」、最近のファンなら「4WD」「RV」「EV(電気自動車)」といったところだろう。そのうち...

続きを読む...

メーカーもよくぞ作ったり! GT-Rやランエボのエンジンを積んだ激速「怪物ワゴン」4台

見た目に騙されてはいけない スポーツカー顔負けの走り セダンと同等の運転感覚を持ちながら、リアに広い荷室を持ってユーティリティにも優れるステーションワゴン。最近ではミニバンやSUV人気に押されて以前の勢いは感じられない部...

続きを読む...

アメリカの25年ルールで貴重な日本車が海外流出! 2020年、価格高騰が予想されるクルマ3選

クルマの価値は文化的遺産としても跳ね上がる 原則的に右ハンドル車の輸入が禁止されているアメリカ合衆国において、生産から25年経過したクルマはクラシックカーもしくは骨董品として扱われ輸入が解禁される、通称「25年ルール」が...

続きを読む...

センチュリーや限定車のランエボも! 激アツ最新ミニカー3選 

マニアなら見逃せないレアもの インターアライドからセンチュリーのモデルカーが発売される。これは珍しいと思っていたら、とんでもない。40年以上前にサーキットを沸かせたスタリオンと、15年前にイギリスで誕生したランエボVII...

続きを読む...

1 / 212