メーカーもよくぞ作ったり! GT-Rやランエボのエンジンを積んだ激速「怪物ワゴン」4台 (1/2ページ)

メーカーもよくぞ作ったり! GT-Rやランエボのエンジンを積んだ激速「怪物ワゴン」4台

見た目に騙されてはいけない スポーツカー顔負けの走り

 セダンと同等の運転感覚を持ちながら、リアに広い荷室を持ってユーティリティにも優れるステーションワゴン。最近ではミニバンやSUV人気に押されて以前の勢いは感じられない部分もあるが、メルセデスベンツやBMWなどの輸入車を見てみればまだまだ高い人気を誇っているジャンルと言えるだろう。

 そんなステーションワゴンは、セダンと同じボディを持つことで高出力なハイパフォーマンスエンジンを搭載したしたグレードも存在していたことがある。今回はそんな名機を搭載したステーションワゴンを振り返ってみよう。

トヨタ カルディナ GT-FOUR

 WRC(世界ラリー選手権)を席捲したセリカやカローラ、全日本GT選手権で活躍を見せたスープラなどにも搭載され、モータースポーツで大活躍を見せた直列4気筒2リッターターボである3S-GTE型エンジン。最強エンジンを積んだステーションワゴン

 市販車としてはセリカGT-FOURやMR2に搭載されていたことが知られるところだが、実はステーションワゴンであるカルディナにも搭載されていた。2代目と3代目のカルディナに搭載されていた3S-GTE型エンジンは260PSを発生していたが、これはセリカGT-FOURやMR2よりも高い数値で、3S-GTEを搭載する市販車としては最強のスペックを誇っていたのである。最強エンジンを積んだステーションワゴン

 なお、市販車として最後まで3S-GTE型エンジンを搭載していたのもカルディナであり、3代目モデルはニュルブルクリンクを走り込んで仕上げられたもので、当時、ニュルでスープラのタイムを上回ったという話が出たほどのスポーツワゴンだった。最強エンジンを積んだステーションワゴン

日産 ステージア オーテックバージョン260RS

 RB26DETT型エンジンといえば、当時のグループAで勝利することを至上命題に第2世代のスカイラインGT-Rに搭載され、実際に連戦連勝を果たした名機としても知られている。最強エンジンを積んだステーションワゴン

 そんなRB26DETTを搭載したステーションワゴンが、1997年10月に初代ステージアに追加されたオーテックバージョン260RSである。もともとスカイライン系のプラットフォームを流用して生み出されたステージアだけに、スカイラインGT-Rのエンジンとパワートレインを移植することはそこまでハードルが高いものではなかった。最強エンジンを積んだステーションワゴン

 しかし、開口部が大きくボディ剛性で不利なステーションワゴンボディに搭載したことで、エンジンパワーとシャシー性能とのバランス取りが難しく、その部分を上手く調整できたのはさすが日産車のスペシャリストであるオーテックジャパンと言えるだろう。最強エンジンを積んだステーションワゴン

画像ギャラリー