「タグ: 事故」の記事一覧

サーキットで見た&聞いた失敗談4つ、他人のフリ見て我がフリ直せ!

複数で共有している意識が希薄 独特なルールやマナーが数多く存在するサーキット。だからこそ最初はミスを犯す可能性があり、事前にある程度の知識を持っておくことが重要だ。笑って済ませられる程度の失敗ならまだしも、他人を巻き込…

続きを読む...

「サーキット内で起こした事故」車両修理や施設の破損にはどう弁償すべき?

自己責任が大前提、リスクを減らすには サーキットでも『保険』という言葉は耳にするが、基本的にはケガの治療など「人間」を対象としたモノ。自分のクルマや施設内のガードレールなどを壊したら、保険が使えず自己責任というのが昔か…

続きを読む...

高速道路の落下物が及ぼす危険と罰則、落としてしまったらどう対処すべき?

二次被害の危険がある落下物は落とし主の責任 落下物発生件数が多く発生している高速道路。NEXCOによる2018年度の件数をまとめると、その数は30万件におよび1日あたり約816件にもなります。 落下物の種類は、シート類が...

続きを読む...

高齢ドライバーの交通事故を軽減!後付けできる運転サポート装置の現状と選び方

古いクルマに後付けできる安全運転支援システム 車両の安全度の目安とする「予防安全性能アセスメント(JNCAP)」で評価対象項目が増え、2020年には自動ブレーキの搭載が義務付けられる。しかし、新型車は急速に安全度を高めて...

続きを読む...

あおり運転を未然に防ぐ! ドアミラーとバックミラーの積極的利用が安全運転に繋がる

周囲の状況を常に把握 ドライブが趣味というクルマ好きにとって、楽しいドライブの基本とはどのようなものだと考えているだろうか。颯爽と走る愛車、おいしい食事、きれいな景色……そうした要素も大事だが、もっと重要なのは事故を起こ.…

続きを読む...

あおり運転対策にも効果的!「SOSコール」が新型車に続々と採用される理由とは

被害者救出の可能性を高めるシステム 日産・新型デイズの「SOSコール」やマツダ3の「マツダエマージェンシーコール」に採用されたことに加え、悪質なあおり運転事件が相次いでいることもあり、昨今再び注目を集めているのが、日本緊...

続きを読む...

1 / 4123...»