「タグ: 事故」の記事一覧

「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

インフラの不整備が無理な右折を発生させる 長野県の松本市長が「松本走りをやめて」と言い始めた。この流れを受け「伊予の早曲がり」や「茨城ダッシュ」「名古屋走り」など各地に潜在してきた危険な運転マナーを批判する方向になって…

続きを読む...

増加する高齢者ドライバー問題!交通インフラの充実化させる転機となるか

65歳以上の高齢ドライバーは22.6%と増加中 アクセルとブレーキの踏み間違えや高速道路での逆走など、このところ高齢者ドライバーによる事故がクローズアップされるようになった。特に死亡事故に占める75歳以上の後期高齢者ドラ...

続きを読む...

免許証の返納だけでは解決不可能! 高齢者の交通事故率が急増しているワケ

じつは65歳以上の高齢者の事故件数は減っている 高齢ドライバーが悲惨な死亡事故を起こすニュースが日々伝えられている。そうなると「高齢ドライバーの事故が急増している」というムードになりがちだが、はたして事故件数は増えている.…

続きを読む...

煽り運転の後続車も記録できる2カメラ・ドライブレコーダー「DVR3100」登場!

高性能レンズ採用高精細録画を実現リヤウインドウに後方用カメラを設置「データシステム」は、車両前方はもちろん別筐体の後方用カメラで後続車も記録できる2カメラタイプ・ドライブレコーダー『DVR3100』を5月末頃より販売する...

続きを読む...

    万が一の大破か全損を避ける「鹿との衝突」を防ぐためのロードキル対策ユニット

    嫌う周波数を発生して万が一に備える「鹿除けキット」がまもなく発売「ロードキル」という言葉をご存じだろうか。なにやら物騒な言葉が入っているのでピンとくる人も多いと思うが、これは道路上でクルマと野生動物が衝突して動物が死亡…

    続きを読む...

    「搭乗者保険」は使っても等級ダウン&保険料アップはなし!

    乗っている人が対象の搭乗者障害保険は事故の過失割合に関係なく請求できる出来ればお世話になりたくない自動車保険。万が一、事故に遭ってクルマも人もダメージが小さいときなど、保険の等級ダウン(=翌年からの保険料アップ)を考える…

    続きを読む...

    事故の「修理費トラブル」を解決する2つの自動車保険特約

    古いクルマの被害者に提示する保険会社の時価額はモノ凄く安い昨今、クルマの保有年数は伸びる傾向があり、修理費がクルマの時価額(保険会社が決める金額)を超えることが多い。しかし、対物保険として保険金が支払われるのは時価額ま…

    続きを読む...

    リヤカメラ付き「ドライブレコーダー内蔵ルームミラー」

    純正ルームミラーと交換するだけ2カメラ体制で車両前後方向を同時撮影「Gコーポレーション」がリリースする『ドライブレコーダー内蔵ルームミラーver.3』は、その名のとおりドライブレコーダー、カメラ、モニターがルームミラーと...

    続きを読む...

    1 / 212

    ウィークリーランキング

    1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

      中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

    2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

      40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

    3. 車検や警察の対応でひと苦労!「ムダな努力」と笑えない自動車カスタマイズの3つ

      自己満足で楽しかった平成カスタム  昭和末期から平成中盤まで、盛んに行...

    4. クルマ好きでも意外にやってしまう「交通違反」5選

      小さな積み重ねが懐を痛めつけることも  街中を歩いているとドライバーは...

    5. 「煽られる原因」を知っておけばトラブルは防ぎやすい、その代表例3つ

      「煽り運転」が起こってしまう原因は!? その理由が分かっていないのも危...

    6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

      実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

    7. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

      夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

    8. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

      トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

    9. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

      悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

    10. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

      中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...